ヴァレオが市街地を走行できる自動運転車 48VのEVを出展

2018年10月2日、ヴァレオはパリモーターショーに出展し、最新の自動運転技術、電動化、そしてデジタルモビリティ技術など革新的な技術をアピールした。

ヴァレオ 自動運転で走行する「Drive 4U」
パリ市内を自動運転で走行する「Drive 4U」

ヴァレオは今回、自動運転車として初となるパリ市内の公道でのデモンストレーション走行を行なう「Drive 4U」を一般道で世界初公開した。

このデモカーは、ヴァレオがすでに量産実績のある超音波センサー、カメラ、レーザースキャナー、レーダー、さらにはAI(人工知能)をフルに搭載したデジタルブレインを備えている。このテクノロジーにより各センサーが収集するあらゆる情報が処理統合され、都市部で遭遇する複雑な事象を学習することが可能だ。

ヴァレオ パリ市内で自動運転のデモ走行を行なう「Drive 4U」
パリ市内で自動運転のデモ走行を行なう「Drive 4U」

「Drive 4U」は、対面通行の道路、交差点、交通信号、トンネル、さらには路面に車線がない道路など、都市部での広範かつ様々な交通事情への対応能力を備えており、もちろん自転車や歩行者への対応も万全となっている。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る