トムトムがアマゾン、メタ、マイクロソフトと地図データ開発の共同事業体を設立へ

地図情報、ロケーションテクノロジーの専門企業であるトムトムは2022年12月15日、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Meta(Facebook、Instagram)、マイクロソフトとともに、Overture Maps Foundation (オーバーチュア・マップス・ファウンデーション:地図データ共同事業)の設立を発表した。Overture Maps Foundationは、Linux Foundationの傘下で協同し、相互運用可能なオープンマップデータを開発することを目的としている。

地図データはますます多くのユースケースをサポートするようになり、新しい地図コンテンツ、網羅性、正確性、および鮮度に対する要求は厳しさを増し続けている。業界の要求に応えるためには、リソースを確保し、グローバルな地図標準を作成することが必要とされている。OMF(Overture Maps Foundation)は、グローバルな実体データ参照システムと構造化されたデータスキーマ(データベースの構造)の実現を目指している。これにより、地図を利用する側と提供する側でのデータの効率的な共有がなされ、エコシステムが促進される。

トムトムのハロルド・ゴダインCEOは、「協同によるマップ開発は、トムトムの戦略の中核をなすものです。Overture Maps Foundationは、我々の目標を加速させるための枠組みを提供します。OMFの標準化と相互運用可能なベースマップは、世界中の地理空間情報をひとつにまとめるために不可欠です。TomTom Maps Platformは、OMFのベースマップとその他の幅広いデータ、そしてトムトムの独自データを組み合わせて、高度なナビゲーション、検索、自動運転といった最も要求の厳しいアプリケーションを含む幅広いユースケースに対応する、継続的に統合・品質管理された製品として活用されます」と語っている。

トムトムのマップ開発のための次世代プラットフォームであるTomTom Maps Platformを利用するユーザーは、地図データの高速統合と品質管理のほか、地図の視覚化、検索、ルート案内、ナビゲーション、交通情報、トムトムの自動車メーカー向けデジタルコックピット・ソリューションなどの幅広いオンラインサービスによる、あらゆるユーザーベネフィットを受けることができるようになる。TomTom Maps Platformは、OMFの取り組みを視野に入れて設計されたもので、トムトムは自社の知見を共有し、協同でのマップ開発を中心としたオープンなエコシステムを推進していくことになる。

OMFは、2023年前半に最初のデータセットを公開するとしている。AWS、Meta、マイクロソフト、そしてトムトムによって設立されたOMFは、今後サービスプロバイダや政府機関を含む幅広い組織への参加と貢献を拡大していくことを目指している。

Overture Maps Foundation:https://overturemaps.org/

トムトム 関連記事
トムトム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る