出光 国産木材を使用したサービスステーションを展開

出光興産は2022年11月7日、国産木材使用のCLT(Cross Laminated Timber:直交集成材)を活用するした環境配慮型サービスステーション「apollostation Type Green(アポロ・ステーション・タイプグリーン)」を新たに展開すると発表した。CLT活用のサービスステーション建設は国内初で、11月7日に1号店となる「スマートエコステーション南国バイパス」(所在地:高知県南国市)を開所した。2022年度中に兵庫県神戸市、埼玉県飯能市の2カ所での開所を計画している。

スマートエコステーション南国バイパス(高知県南国市)

新展開するステーション・タイプグリーンは国産木材を活用した建築という特色を持ち、さらに太陽光発電パネルを使用したサービスステーションである。

国産木材の活用により林業の振興に寄与することを目的に、サービスステーション所在地の木材を可能な限り利用し、地域産業に貢献。また、木材活用によりサービスステーション1カ所あたり約100トンのCO2削減および固定化効果が見込まれている(出光試算値)

CLTとは、ひき板を並べた層を板の繊維方向が層ごとに直交するように重ねて密着した大判のパネルで断熱性、耐火性、耐震性に優れている。今回のスマートエコステーション南国バイパスでは事務所棟と給油場所の屋根にCLTパネルを使用している。

CLTの断熱性コンクリートより高い優れ、耐火性については木材は毎分約1mmの速度でゆっくり燃え進むため、厚さ90mmのCLTが1時間燃えても、壁が燃え抜けない。さらに耐震性に関しても振動台実験では、試験建物に対して阪神淡路大震災の観測波よりも大きな力を加えても倒壊しないことが確認されている。

そして付加設備として、日中の商用電力使用量を削減するために太陽光発電パネルを装備し、EV急速充電機も設置されている。

2022年度に営業を開始する環境配慮型サービスステーション

・スマートエコステーション鹿の子台(兵庫県神戸市北区)
 特約販売店:出光スーパーバイジング
 運営店:出光リテール販売株式会社関西カンパニー
 営業開始予定日:2022年11月14日
 
・スマートエコステーション美杉台(埼玉県飯能市)
 特約販売店:出光スーパーバイジング
 運営店:出光リテール販売株式会社関東カンパニー
 営業開始予定日:2022年12月下旬

出光 関連記事
出光興産 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る