出光 業界初の”灰を出さない”ディーゼル用オイルを発売

出光興産は2022年8月29日、業界初となる無リン無灰のディーゼルエンジンオイル「idemitsu AshFree(アッシュフリー)」(粘度グレード:10W-30、荷姿:200Lドラムまたは20L缶)を、9月1日から発売すると発表した。

「idemitsu AshFree」は、ディーゼルトラックやバスに搭載される排ガス浄化処理装置DPF(ディーゼル微粒子捕集フィルター)の目詰まりの要因となる灰を出さないオイルで、DPFの寿命延長によるメンテナンス費用の削減やDPF再生時間短縮による労務時間・燃料使用量の削減を実現する。

トラックやバスのエンジンに使用されている従来のディーゼルエンジン用オイルには清浄性や耐摩耗性を向上させるため、添加剤として金属添加剤が含まれているが、これらの金属添加剤は燃焼すると灰となり、DPFを詰まらせ、トラブルの要因となることが長年の課題となっていた。

この課題を根本的に解決するため、出光は灰を減らすのではなく、出さないというコンセプトのもと、独自の添加剤処方技術により、灰となる金属添加剤を使用しないディーゼルエンジンオイルの開発に取り組み、成功したのだ。

この新オイルにより、DPFの寿命延長、DPFの手動再生の時間を削減、DPFの再生回数を抑制するため再生に使用する燃料を削減、優れた高温清浄性などの効果が期待できる。

出光 関連記事
出光興産 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る