NEC 北海道キロロリゾートで乗合バスの運行と顔認証技術を活用したMaaSの実証実験を開始

赤井川村国際リゾート(キロロリゾート:余市郡)、NEC、電通、電通北海道は2021年12月10日、北海道余市郡赤井川村で住民、観光客、リゾート施設従業員が共用する乗合バスの運行実証を12月11日から本格稼働させると発表した。

利用者の属性で料金体系が異なることにより予約、乗車オペレーションが煩雑になる課題に対し、北海道アクセスネットワークの予約決済システムとNECの顔認証技術を連携させることで円滑な運行オペレーションを可能にする。

この実証実験により、MaaSと観光事業を組み合わせることで、過疎地域における地域公共交通ネットワークの存続と新しい公共交通スタイルの構築を目指すことになる。

全国的に地域交通の維持存続が深刻化する中、人口約1200人の赤井川村は唯一の公共交通の路線バスが2019年に廃線され、その代替として村内の観光施設「キロロリゾート」がチャーターバス事業制度内でバス運行を実施してきた。

観光客を対象としたこの制度は公共性が低く、地域住民利用には課題があった。さらに、事業者の収益性や言葉の通じないインバウンド(外国人観光客)の予約、乗車プロセスの煩雑さから運行上の混乱等なども課題になっていた。

そして今回、赤井川村DMOがキロロリゾートとともに、住民、観光客、施設従業員が共用する、乗合バス制度による定期運行を開始。リゾート施設を利用する観光客の需要を取り込むことで収益性を向上し、廃止路線の復活を目指すことを目指している。

一方で観光客と住民で料金体系が異なることによる予約・乗車オペレーションの煩雑さや、インバウンドの利用による乗務員の対応などの課題に対し、今回、北海道アクセスネットワークの予約決済システムとNECの顔認証技術を連携させることで円滑な運行オペレーションを可能にしている。

事前登録した利用者の顔認証を行なうことにより、異なる料金体系の乗客(村民・観光客・従業員)を識別し、乗車管理の煩雑さを解決すると同時に、乗務員との非言語・非接触により言語の問題と新型コロナウイルスなどの感染症対策にも役立てる。

NECは生体認証による共通のIDで、複数の場所やサービスにおいて利用者へ一貫した体験を提供する「NEC I:Delight(アイディライト)」の世界観の実現を目指し、この実証に取り組んでおり、電通、電通北海道はこの実証の企画・広報業務等を通じ地域の抱える社会課題の解決に寄与することになる。

実証実験の概要

・実施期間:2021年12月11日~2022年4月3日(小樽発着便のみ12月4日から先行開始)
・利用対象者: 赤井川村住民、観光客、キロロリゾートの従業員

・バス運行区間:
■小樽駅前ー小樽築港経由ーキロロリゾート
<往路=小樽駅前発 8:50 / 小樽築港駅発 9:15、12:30、18:00>
<復路=キロロトリビュートホテル発 7:45、10:50、16:00>
■札幌大通西1丁目ー札幌駅前経由ーキロロリゾート
<往路=札幌大通西1丁目 8:15 >
<復路=キロロトリビュートホテル発 15:45>

赤井川村DMO 公式サイト

NEC 関連記事
NEC 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る