ミシュラン タイヤラベルシールの見直しでプラスチックと紙の使用量削減へ

日本ミシュランタイヤは2022年12月1日、使い捨てプラスチックと紙の使用を削減する取り組みの一環として2023年1月から順次、タイヤの仕様や性能を表示するタイヤラベルのサイズを最大47%縮小し、現行の45種類から2種類(ミシュランとBFGブランド各1種類)に統一すると発表した。

また同時に、日本のタイヤラベルの貼付作業を日本国内からタイヤ出荷国へ移管することにより、これまで日本国内で使用されずに廃棄していたラベルの発生を抑制する。これらにより、ラベル関連のプラスチックと紙の年間使用量を全体で43%削減することを目指している。

グローバルに脱炭素への取り組みを進めているミシュランは、国内でも省燃費タイヤなど環境対応型製品の市場投入を推進、トラック・バス用タイヤにおいても“4R”の推進などにより、環境負荷を低減する活動を行なってきた。2020年からは、社員一人ひとりが貢献できる環境保全活動として、社内の使い捨てプラスチックの使用を控える取り組みも進めている。

日本ミシュランの須藤元社長は、「ミシュランはグローバルに連携し、省資源に貢献するとともに、物流の効率化も推進しています。2023年からのミシュランのタイヤラベル見直しは、SDGsの17の目標のうちの12、『つくる責任 つかう責任』の取り組みの一つです」と語っている。

ミシュラン 関連記事
日本ミシュラン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る