ミシュランが世界初のサステナブルタイヤを発表 CO2排出低減に寄与

ミシュラン本社は2022年10月27日、世界初となる、サステナブル素材を45%含有した乗用車用タイヤと、58%含有したバス用タイヤを発表した。これらのタイヤは公道走行承認済みで、現行タイヤと同等の性能を保持している。

今回発表した2種類のタイヤは、ミシュランが今後3年以内に開発する標準タイヤの未来像を示すものです。天然ゴムの割合を増やし、再生カーボンブラック、ヒマワリ油やバイオ由来の樹脂、籾殻から作られたシリカ、再生スチールを使用することで、サステナブル素材の含有率向上を達成しているのだ。

ミシュランは、2030年に40%、2050年には100%持続可能なタイヤを生産するという挑戦的なゴールに向け、現実的かつ具体的な取り組みを積極的に進めている。タイヤの性能に妥協することなく、タイヤの全てのライフサイクル(設計・製造・輸送・使用・リサイクル)において環境負荷低減に配慮し、プロジェクトを推進している。

タイヤの材料生産、タイヤの製造ではCO2排出量が多いため、CO2排出量を減らすため、サスティナブルな材料の使用と製造段階でのCO2削減が大きなテーマになっており、今回の発表は材料面で大きく進化したと評価することができる。

ミシュラン 関連記事
ミシュラン 公式サイト
日本ミシュラン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る