ミシュラン プレミアム コンフォートタイヤ「プライマシー4+」を5月から発売

日本ミシュランタイヤは2022年2月15日、プレミアム コンフォートタイヤのニューモデル、「プライマシー4+」を5月19日から順次発売すると発表した。発売サイズは16インチから19インチまでの全23サイズ、価格はオープンプライス。

今回発売される「プライマシー4+」は、静粛性に優れ、上質で快適な乗り心地で定評のある従来のプライマシー4を進化させ、安全性と走行安定性をさらに向上させたタイヤだ。

プレミアム コンフォートタイヤに求められる静粛性や乗り心地など、上質で洗練された乗り味はそのままに、より向上したウェットブレーキング性能が、履き始めから長期間にわたり維持することが特長だ。

そしてウエット性能をより長く維持できるように、トレッドゴムの下部に、よりウェット性能の高いコンパウンドを採用。従来のプライマシー4との比較でウエットブレーキ性能は3.7%向上しているという。

スタビリティグリップ サイプ

また、サイプをスタビリティグリップ サイプと呼ぶ新しい断面形状にすることで、横Gがかかった状態でのブロック剛性を高め、高速走行時の安定性に優れたハンドリング性能を洗練し、同時に低燃費タイヤ設計を取り入れることで、タイヤラベリング制度で低転がり抵抗を意味する「AA」、「A」を取得しており、長期間の使用においても環境負荷の低減に貢献する。

ミシュラン 関連記事
日本ミシュラン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る