【CES2022】ミシュラン 配送用3輪車のエアレス タイヤを公開

ミシュランは、2022年1月ラスベカスで開催されたCES2022で、E-カーゴ・トライク(3輪車)用のエアレス ラジアルタイヤ「ミシュラン Xトゥイール」のプロトタイプを発表した。

交通渋滞の多い都市部のモビリティとラスト ワンマイル配送の課題解決は、将来の持続可能なソリューションの鍵となっている。

E-カーゴ・トライク用ミシュランのエアレスラジアルタイヤにより、パンクによる車両の休止時間をなくし、より多くの荷物を安全に運ぶことができるものだ。

トゥイールのトニー・マルコーニ・ビジネスディレクターは、「ミシュランは、複雑で要求の厳しい都市モビリティとラストマイル配送におけるイノベーション開発に取り組んでいます。物流で最もコストがかかるのは、ラストマイル配送です。トゥイールは、パンクという課題を解決します。ミシュランは、都市モビリティでも、車両の稼働時間を最大化し、お客様の問題を最小化するため最高のソリューションを提供します」と語っている。

E-カーゴ・トライクとエアレスタイヤの主な特長とメリットは、タイヤのパンクがなくなり、修理時間を省くことができる。またコーナーリングの安定性を高め、ラストマイル配送を迅速化することも可能だ。

そして空気入りタイヤ以上の積載効率を備えており、装脱着が容易。部品数低減によりトラブルも減少させることができる。そして低転がり抵抗、リサイクル率向上、長寿命というメリットも持っている。

Xトゥイール・エアレスラジアルタイヤは、従来のタイヤをホイールに組み付ける形ではなく、タイヤとホイールが一体化されている。複雑な取り付け機器は必要なく、ボルトで固定すれば、空気圧を維持する必要がない。

樹脂製スポークによる独自のエネルギー伝達により、優れたハンドリング性能を提供しながら、空気入りタイヤに付きものの「はねあがり」を低減。パンクによる不便やメンテナンスのための休止時間がない。

今回発表のE-カーゴ・トライク用エアレス・ラジアルタイヤはプロトタイプだが、小型建機、ゴルフカート、UTV、芝刈り機用のエアレス ソリューションのXトゥイールは、既に実用化されており、このE-カーゴ用も実用化はまもなくとなる。

ミシュラン 関連記事
日本ミシュラン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る