ミシュラン 低燃費性能のプレミアム・コンフォートタイヤ「e・プライマシー」を発表

日本ミシュランタイヤは2021年6月30日、プレミアム・コンフォートタイヤのプライマシー・シリーズにミシュラン史上最高の低燃費性能を誇る「e・プライマシー」を新たに追加し、8月3日より順次発売すると発表しました。サイズは15インチから20インチの計27サイズ、価格はオープン価格となっています。

「e・プライマシー」をプレゼンテーションする日本ミシュランの須藤元社長

ミシュランはこれまでプレミアム・コンフォートタイヤとして「プライマシー4」を販売していますが、現在から将来に向け電気自動車はもちろん、ハイブリッド車(HEV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)、燃料電池車(FCEV)といった電動化が一般化しつつあります。

27サイズをラインアップする「e・プライマシー」

こうした電動化車両向けにコンフォート性能と低転がり性能を高次元で両立させるプレミアム・タイヤが今回新たにプライマシー・シリーズに加わる「e・プライマシー」です。

「e・プライマシー」は、プレミアム・コンフォートタイヤに求められる静粛性に優れ、上質で快適な乗り心地はもちろん、ドライおよびウェット路面での安定したグリップ性能に加え、低燃費で耐摩耗性にも優れるという環境性能が付加されています。

ミシュラン史上最高のAAAの低燃費性能を備えるとともに、タイヤの摩耗が進行しても性能の急激な劣化を抑制する性能維持力や優れた耐摩耗性など、使用開始から履き替えるまで長期にわたり高い安全性と環境性能を発揮するのが特長です。

低転がり抵抗を実現するために、コンパウンドにはシリカの配合率をトップレベルまで高めるとともに、シリカとゴムの結合を強化することでゴムの変形によるエネルギーロスを大幅に低減させています。

同時に転がり抵抗を低減するとともに軽量化も追求し、従来より薄くかつ高強度で軽量なスチールベルト(スリムベルト)を採用しているのも特長です。

プレミアムタイヤとしての静粛性能はもちろん、内燃エンジンを搭載しない電気自動車やFCVの静粛性をより高め、ロードノイズなどを徹底的に抑え込むために、接地面の接地部分と溝部分の比率が常に一定になるようなトレッドパターン(サイレント リブテクノロジー)を採用し、パターンから発する音圧を一定にすることで高次元の静粛性を実現。

またタイヤ構造のチューニングにより、トレッド面のより均一な接地圧分布を実現。これにより加速時、ブレーキング時、コーナリング時においても接地面積が安定し、十分なグリップ力を発生するとともに偏摩耗を抑制しています。その結果、タイヤの寿命を伸ばすことも可能に。

またタイヤのトレッド面の摩耗が進んでも十分な排水性能を確保するために主溝に「U字グループ」形状を採用。摩耗末期でも排水性能を備え、摩耗による急激な排水性能の低下を防ぎ、長期にわたり安全性を確保しています。

この「e・プライマシー」は、ヨーロッパでは発売が開始されており、グローバルに展開するタイヤとなり、従来のプライマシー4と同様に、今後は多くの自動車メーカーの純正装着タイヤにも採用されると想定されています。

またウエット性能、静粛性、グリップ力のバランスに優れたプライマシー4と、新登場の「e・プライマシー」は併売され、実売価格も同等と想定されています。

ミシュラン 関連記事
日本ミシュラン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る