ミシュラン 1980~90年代のネオクラシックカー向けタイヤを発売

日本ミシュランは2021年3月24日、1980年代~1990年代のネオクラシックカーと呼ばれるクルマ向けのタイヤ「パイロット エグザルトPE2」を4月から、そして「プライマシー3」を7月から発売すると発表しました。価格はオープンプライスです。

パイロット エグザルトPE2(左)とプライマシー3

1980年代から90年代に生産販売された車両は「ヤングタイマー」または「ネオクラシック」と呼ばれ、そのデザイン性や走行性能に加えて、クラシックカーに比べてパーツの入手やメンテナンスが容易なことから国内外で人気が高まっています。

ミシュランはクルマ文化の継承とその時代における車両に最適なタイヤを提供するため、この2製品をクラシックカー用タイヤのラインナップに追加しました。

「パイロット エグザルトPE2」は、その特徴的な左右非対称パターンでコーナリング時に優れたドライグリップ性能を発揮するだけでなく、ウェット時の高い排水性能を確保しています。モダンクラシックでありながらスポーツタイヤとしての性能を十分に持ち合わせ、ヤングタイマーのドライビングプレジャーを十分に味わうことができます。

「プライマシー3」は、プレミアムな走りを求めるクラシックサルーン向けのアクティブ&コンフォートタイヤです。グリップ力と静粛性を両立させ、さらに高速時でも安定した操縦性能を発揮できます。このタイヤは国内外の多くの車両に新車装着用タイヤとして採用された実績を持っています。

ミシュラン 関連記事
日本ミシュラン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る