デンソーテン オンデマンド乗合交通の実証を岐阜県高山市で開始

デンソーテン、山都自動車、順風路、デンソーソリューションは2021年10月27日、一般乗用タクシー配車とオンデマンド配車を一つの車載器で切り替えて運用する実証実験を10月28日から岐阜県高山市で実施すると発表した。この実証により地域公共交通の利便性向上と、事業者の効率的な車両運行の両立を目指している。

従来、岐阜県の山都自動車が行なっていたタクシーを利用したオンデマンド交通サービスは、一般乗用タクシーとのシステムが別々だったため業務が煩雑で、限られた車両、ドライバー、オペレーションの効率的な運用が課題となっていた。

今回、デンソーテンが新たに試作したタブレット型車載器向けアプリと、順風路のオンデマンド交通システム「コンビニクル」を活用して、別々だったシステムを連携することで、オンデマンド運行/一般乗用タクシー運行業務を一つの端末で切り替えて運用する実証を行なうことになった。

オンデマンド運行実施後に、同一車両をそのまま速やかに一般乗用タクシー運行に切り替えることができ、またこのサービスを導入することで、同一システム内で複数事業者に配車を行なうなど、地域内の柔軟で効率的なオンデマンド交通サービスの実現につながるとしている。

デンソーテンは、1950年代にタクシー用無線機を開発して以来60年以上にわたり蓄積したタクシーシステムのノウハウを活かし、利用者、自治体、事業者の移動に関する困りごと解決に向けた取り組みを進めており、将来的にはより利用者の利便性を向上させるために、マルチモーダルアプリ(MaaSアプリ)との連携なども視野に入れ、MaaSを実現していくとしている。

実証実験は以下のように実施される。
1.利用者からオンデマンド配車依頼を受ける(電話)
2.オペレータがシステムでオンデマンドの配車を設定/対応車両にメッセージを配信
3.オンデマンド運行の準備:車両外装変更、車載器のモード切替(タクシー→オンデマンド)
4.オンデマンド運行を実施
5.オンデマンド運行終了後、事業所へ帰所し、タクシー運行準備:車両外装変更、車載器のモード切替(オンデマンド→タクシー)
6.通常営業通りタクシー運行(オンデマンド運行→タクシー運行→オンデマンド運行の一通りの動作を確認)

4社の役割分担は以下の通り。
デンソーテン:タクシー配車システム、車載器、車載器向け試作アプリケーションの提供
山都自動車:タクシー、オンデマンド交通のオペレータ業務、車両の運行
順風路:オンデマンド交通システムの提供
デンソーソリューション:運用サポート、商品化実現後に全国展開を計画

実証実験の概要
期間:10月28日(木)~11月26日(金)
運行時間:予約があった場合、時刻表に基づきその時間内で運行
運行車両:山都自動車タクシー車両
利用対象:どなたでも利用可能
運行エリア:岐阜県高山市一之宮線
料金:1乗車一律100円

デンソーテン 関連記事
デンソーテン 公式サイト



The Mortor Weekly

ページのトップに戻る