デンソーテン イクリプス・カーナビ「LS」シリーズの2022年型モデルを10月から発売

デンソーテンは2021年9月30日、イクリプス・ブランドのカーナビゲーションシステム「AVN」の新商品3機種(LSシリーズ:フルセグモデルAVN-LS02/AVN-LS02W、企業向けモデル:AVN-LBS01)に最新地図データを搭載し10月下旬から順次発売すると発表しました。

7型ワイド画面の「AVN-LS02W」

LSシリーズはエントリーモデルとして2020年からラインアップに加わっていますが、操作性のよさや性能の高さが評価されているシリーズです。

今回発売されるモデルは、新設された主要な高速・有料道路の情報を収録した2021年度秋版最新地図を搭載。また、高速道路とICのナンバリング対応やカラーレーン案内などのわかりやすい地図案内に加え、Bluetoothやフルセグなど同シリーズで好評のオーディオ機能と操作性を継承したコストパフォーマンスの高いモデルです。

主な特長は、シンプルな表示で瞬時に見やすい地図情報・案内です。案内に必要な道路や文字を目立たせつつシンプルで見やすい画面とし、道路の太さと色に強弱をつけることで、案内の対象となる道路をはっきり・くっきりと表示。文字は案内に必要となる目印を際立たせることで、一目で把握しやすいデザインにしています。さらに高速道路のナンバリング、カラーレーンにも対応しています。

また複雑な交差点ではリアルなイラストと推奨レーン表示で分かりやすく案内できるリアル3D交差点拡大図を採用。VICS WIDEを利用した緊急情報の割り込み表示も可能です。

この他に、地図上の住所表記やルート案内音声をはじめとした、多くの機能を英語、中国語(繁体字/簡体字)、韓国語、日本語の多言語対応としています。

レンタカー/リース車両向けの「AVN-LBS01 」

オーディオ機能は、スマートフォンなどBluetoothオーディオ対応機器に保存されている音楽データを再生することが可能で、タイトルやアーティスト名などもナビ画面に表示することができ、使い勝手にも優れています。もちろん、スマートフォンによる通話にも対応しています。

クアッドコアCPUを搭載しており、動画を再生しながらのナビ操作など高負荷がかかる処理もクアッドコア搭載により操作がスムーズで、地図のピンチ操作(拡大・縮小)では滑らかな縮尺切り替えができ、ダブルタップ、2点タップで段階ごとに地図スケールを変えることも可能。メニュー画面ではリスト選択スクロールで軽快な操作でページの切り替えができます。

ラインアップ

デンソーテン 関連記事
デンソーテン 公式サイト




The Mortor Weekly

ページのトップに戻る