ダンロップ タイヤパンク応急修理キットを一般向けに発売

住友ゴムは2022年5月18日、従来は新車への純正搭載向けに展開していたタイヤパンク応急修理キット「IMS (Instant Mobility System)」を、全国のダンロップ直営店(タイヤセレクト/タイヤランド) をはじめ、ダンロップタイヤ取扱店舗などで一般ユーザー向けに順次販売すると発表した。

サイズはSUVや大型車両用と中小型車両・軽自動車用の大小2サイズで、価格はオープン価格となっている。

タイヤパンク応急修理キットを使用すれば、タイヤに釘やネジが刺さった軽度のパンクを応急修理して最寄りの車両販売店や整備工場までの移動できる。スペアタイヤを積む必要がなくコンパクトかつ軽量なため、トランクルームを広く使えることや燃費向上にも寄与することから、2000年頃からスペアタイヤに代わる応急装備品として販売される新車に広く普及している。

「IMS」は、有効期限が切れた場合、あるいは使用された場合の交換用として必要となるため、今回の市販化に至っている。

住友ゴムの「IMS」は、環境に優しい天然ゴムラテックスからなる修理剤とコンプレッサーで構成されており、修理剤を注入後、コンプレッサーで空気を充填し、クルマが走行走することで修理剤が圧縮圧と熱によって固まり、パンク穴をふさぐことができる。

住友ゴムの「IMS」は1999年以来、グローバルで新車搭載/交換用として累計7500万セットの出荷実績を誇っている。

商品概要

商品名称:IMS
構成部品:修理剤、コンプレッサー、取扱説明書、収納バッグ
サイズ:大、小
タイプ:自動注入型

ダンロップ 関連記事
ダンロップ 公式サイト
住友ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る