住友ゴム「ダンロップ」「ファルケン」の2022年モータースポーツ活動計画を発表

住友ゴムは2022年3月7日、「ダンロップ」、「ファルケン」タイヤの2022年度のモータースポーツ活動計画を発表した。

今年も4輪、2輪の国内外のモータースポーツレースで、トップクラスから入門レースまで幅広いカテゴリーでタイヤ供給を行ない、好調な成績を残した2021年の記録を塗り替えるべく、各チーム・ドライバーと密に連携を図るとしている。

モデューロ・ナカジマレーシングのNSX GT500

ダンロップ・タイヤは、スーパーGTでは、2021年にシリーズチャンピオンを獲得したGT300クラスにおいて新たに「SHADE RACING」と「BUSOU Drago CORSE」が加わり、GT500クラス2台の合計8チーム/9台をサポートする。

その他、「全日本ラリー選手権」、「全日本ジムカーナ選手権」、「全日本ダートトライアル選手権」、「全日本カート選手権」の幅広いカテゴリーにタイヤを供給し、各クラスでタイトル獲得を目指す。

また、多くの人に開かれたスポーツとして入門フォーミュラレースである「フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップ」、「FIA-F4選手権」、「F4選手権」、「スーパーFJ選手権」や参加型競技の「TCRジャパンシリーズ」、「VITA RACE」、「BMW & MINI Racing」へのワンメイクタイヤの供給を行なう。

さらに、アマチュアドライバーも参戦する「トヨタ GAZOOレーシング GR86/BRZ Cup」への協賛とタイヤの供給をすることで、若手ドライバーの育成にも力を入れていれる。

ドイツのFALKEN Motorsportsチームのポルシェ 911 GT3R

ファルケン・タイヤは、従来通りドイツ・ニュルブルクリンクで開催されるニュルブルクリンク24時間レースに参戦。昨年に引き続き「FALKEN Motorsports」として、「ポルシェ 911 GT3R」の2台体制で総合優勝を目指す。

また、3年ぶりに「SP3T」クラスで参戦する「STI WRX」へのタイヤ供給も引き続き行ない、欧米を中心に高い評価を得ているファルケン・ブランドのさらなる価値向上を目指すとしている。

ダンロップ 関連記事
ファルケン 関連記事
ダンロップ 公式サイト
ファルケン 公式サイト
住友ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る