住友ゴム プレミアムカー向けグローバル・フラッグシップタイヤ「ダンロップSP SPORT MAXX060+」発表

住友ゴムは2022年1月7日、ハイパワープレミアムカーの性能を最大限に引き出すために高性能化を実現したグローバル・フラッグシップタイヤ「ダンロップSP SPORT MAXX060+」を3月1日から順次発売すると発表した。全58サイズの幅広いラインアップで、価格はオープンプライス。

「SP SPORT MAXX060+」は、天然由来の新材料「サステナブルシリカ分散剤」と、剛性分布を最適化した新開発の非対称パターンを採用し、従来品「SP SPORT MAXX050+」から大幅に耐摩耗性能を向上させ、さらに高速安定性能、コーナリング性能、ウエット性能を高次元で両立させている。

トレッドパターンは、プレミアムカーに求められる高速安定性とコーナリング性能を実現するために、パターン剛性を最適化した新開発の非対称パターンを採用。路面と接する面積を従来品「SP SPORT MAXX050+」比14%広く設計し、防弾チョッキにも使われるアラミド繊維をより合わせた高剛性バンドによりトレッド面の剛性を向上させ、安定した走りを実現している。

さらにアウト側のブロックの剛性を強化することでコーナリング時もしっかりグリップ力を発生。同時に、高いランド比を維持しながら一般品よりも広い溝幅を確保し、主溝配置と接地形状を最適化することでウエット性能も向上させている。

コンパウンドは、ライオン・スペシャリティ・ケミカルズ社が「SP SPORT MAXX」向けに開発した天然由来の新材料「サステナブルシリカ分散剤」を新たに採用。「サステナブルシリカ分散剤」は、疎水性のゴムと親水性のシリカの両方になじむ性質を持つため、ゴムとシリカの繋がりが強固になり、シリカ同士が密集するのを防ぐことができる。これによって、ウエット性能に寄与するシリカの配合量を増加させることが可能になり、優れたウエット性能と耐摩耗性能を実現している。

またデザイン面では、サイドウォールのブランドロゴと商品名に独自の黒色デザイン技術「Nano Black(ナノブラック)」を採用し、プレミアムカーの上質さにフィットする高級感と存在感を生み出している。

この技術は、新開発の繊細な凹凸形状を取り入れることによって光の反射を抑え、従来よりも高い黒色の再現を実現し、どの角度から見てもロゴなどの黒さが際立ち、くっきり見えるように工夫されている。

展開サイズは、205/55R16から295/35R21まで、全58サイズをラインアップしている。

ダンロップ 関連記事
ダンロップ 公式サイト
住友ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る