住友ゴム 水素活用の実証実験を開始

住友ゴムは2021年7月28日、国立研究開発法人 新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業として支援を受け、ダンロップ・ブランドの主力タイヤ工場である福島県白河工場で、8月から次世代エネルギーとして期待されている水素活用に向けた実証実験を開始すると発表しました。

住友ゴムの白河工場

住友ゴムは、タイヤ製造のカーボンニュートラル化に向け、新エネルギーの水素を活用した技術の確立することで、福島生まれの水素を利用した地産地消モデルを構築し、タイヤ製造時のCO2排出量がゼロとなることを目指しています。

カーボンニュートラルを目指すにあたり、タイヤ製造に必要な高温・高圧の熱エネルギーを電力から得るのは技術的に難しいことから、水素に着目。そこで、白河工場が福島県における水素活用に向けた取り組みと協業することで、実現を目指すことにし、この計画をNEDOの助成事業に応募、採択されたという経緯があります。

そしてNEDOの支援を受け、2021年8月から2024年2月まで白河工場の一部工程で実証実験が実施されます。その後、白河工場全体への拡大および国内外の工場へ展開する計画です。

具体的には、2012年に完成した住友ゴムのタイヤ製造システム「NEO-T01」の工程で、実証実験を実施。水素ボイラーを導入した際の課題となるNOx排出量のコントロールをはじめとした24時間連続運転における課題の抽出と対策を行ない、今後の生産エネルギーを水素に転換していくことの有効性を評価します。

また実証実験後の水素需要拡大を見据え、再生可能エネルギー由来の電力からの水素製造、カーボンフリー水素調達の検討を行ない、タイヤのライフサイクルを通じたCO2排出量の極小化を目指します。

ダンロップ 関連記事
ダンロップ 公式サイト
住友ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る