住友ゴム「ダンロップ」「ファルケン」の2021年モータースポーツ活動計画を発表

住友ゴムは2021年3月5日、「ダンロップ」、「ファルケン」の各ブランドでの2021年モータースポーツ活動計画を発表しました。

ダンロップ

ダンロップタイヤとしては、4月10日の岡山国際サーキットで第1戦が開幕する「スーパーGT」は、サポートをより強化します。GT500クラスで「TEAM Red Bull MUGEN」が新たに加わり2チームにタイヤを供給。GT300クラスでも新たに1チームに供給を行ない、両クラス合わせて6チーム7台で各クラスのチャンピオン獲得を目指すことになります。

GT500クラスのTEAM Red Bull MUGEN Honda NSX-GT

ダンロップがGT500クラスの複数チームにタイヤを供給するのは2010年以来で、これまで15年以上継続してサポートしている「Modulo Nakajima Racing」に加え、新たに「TEAM Red Bull MUGEN」のHonda NSX-GTが加わり2チーム2台をサポート。テストやレースにおける評価データを増やし開発スピードを加速させることで優勝を狙います。

GT300のスバル BRZ GT300

GT300クラスでは、「GAINER」、「R&D SPORT」、「K-tunes Racing」に加え、本年から「LM corsa」と「GAINER」の追加1台を合わせた4チーム5台をサポート。GT300クラスでの5台供給は2006年以来15年ぶりです。これまで同クラスでのダンロップタイヤ使用チームは安定した上位争いを展開してきましたが、サポート層を厚くすることで、さらなる結果を追求します。

その他では、「全日本ラリー選手権」、「全日本ジムカーナ選手権」、「全日本ダートトライアル選手権」、「全日本カート選手権」の幅広いカテゴリーにタイヤを供給し、各クラスでタイトル獲得を目指します。

また、2020年からスタートしたFIAによる世界基準の「フォーミュラ・リージョナル・ジャパニーズ・チャンピオンシップ」を始め、入門フォーミュラレースである「FIA-F4選手権」、「JAF-F4選手権」や参加型競技の「VITAレース」、「MINI CHALLENGE JAPAN」へのワンメイクタイヤの供給に加え、アマチュアドライバーも参戦する「トヨタGAZOOレーシング86/BRZ Rレース」、「トヨタGAZOOレーシング・ラリーチャレンジ」への協賛およびタイヤの供給を行ないます。

ファルケン

ファルケンタイヤは、2021年もドイツで開催されるニュルブルクリンク24時間耐久レースに引き続き参戦します。

チーム体制は2020年に引き続き「FALKEN Motorsports」として、「Porsche 911 GT3R」の2台体制で総合優勝を目指すことになります。欧米を中心に高い評価を得ているファルケンブランドのさらなる価値向上を目指すとしています。

ダンロップ 関連記事
ファルケン 関連記事
ダンロップ 公式サイト
ファルケン 公式サイト
住友ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る