【東京オートサロン2019】住友ゴム⼯業は、ダンロップ・ファルケンの2ブランドのブースを出展

東京オートサロン

住友ゴム⼯業は、千葉県・幕張メッセで2019年1月11日〜13日に開催される「東京オートサロン2019」に、ダンロップおよびファルケンの2ブランドのブースを出展する。
ダンロップ 東京オートサロン2019 出展概要

ダンロップのブースでは、「Spirit of Evolution」をコンセプトに、ダンロップの先進技術をアピールする。自動運転やカーシェアなどのモビリティ社会の変革に応じたダンロップ・タイヤの技術開発コンセプト「スマート タイヤ コンセプト」を紹介する。ブース内ではスマート タイヤ コンセプトについて、映像や光、音楽を駆使して技術開発コンセプトを体感できる内容となっている。

ステージイベントでは、2018年も激戦を繰り広げたスーパーGT500に参戦する「NAKAJIMA RACING」の中嶋悟監督の他、全日本ラリーやF4ドライバーによるトークショーを実施する。

展示されるタイヤはモータースポーツ用と乗用車用のタイヤラインアップで、デモカーとしてベントレー・ミュルザンヌ スピードなどが展示される。

ファルケン 東京オートサロン2019 出展概要

一方、ファルケンのブースでは「アヴァンギャルド 2.0」をコンセプトに、ファルケン・ブランドを訴求する。ブースはLEDバーを大量に配置し、躍動感のある展示を行なうことで、「ON THE PULSE」をブランドコンセプトとするファルケンのブランドイメージを表現。

また、モータースポーツへの参戦や、エアレース、欧州サッカーリーグ、アスリートへの協賛活動についても映像で紹介する。さらに、フラッグシップタイヤ「アゼニス FK510」をはじめとするファルケンタイヤ装着車両をブランドカラーにカラーリングして展示する。展示される車両は、アウディ「R8」、トヨタ「ヴェルファイア」、フォード「F150」ラプターの3台を予定している。

ダンロップ 関連情報
ダンロップタイヤ公式サイト

ファルケン 関連情報
ファルケン公式サイト

住友ゴム公式サイト

自動車技術会
ページのトップに戻る