クラリオン 石川県・加賀温泉郷で個人のニーズに合わせたドライブプラン提案試験実施

クラリオンは2018年10月12日、一般社団法人・加賀市観光交流機構、山代温泉観光協会、山中温泉観光協会、片山津温泉観光協会の3温泉観光協会と協働し、観光客向けにカーナビゲーションとクラウド技術を活用したドライブプラン提案の実証試験を、10月12日から2019年3月31日まで実施すると発表した。
 
実施目的は、加賀市観光情報センターや3観光協会へ多数寄せられるドライブプラン問い合わせ、増加する外国人利用者への対応が目的だ。ドライブプランでは、クラウド情報を通じて地元ならではの旅ルートやうんちく情報などの提供、外国語対応などにより、観光客の満足度・利便性向上を図る狙いがある。

ナビゲーションとクラウドシステムの実証実験のイメージ
ナビゲーションとクラウドシステムの実証実験のイメージ

実証実験は、3温泉観光協会それぞれが観光客にレンタル提供する2人乗り超小型モビリティ「温モビ(ぬくモビ)」(車両:日産ニューモビリティコンセプト)に、出発から帰宅まで徒歩を含む移動ルートをすべて設定できる次世代ナビゲーション機能を設定する。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る