【東京オートサロン2023】ブリヂストンのブースでモータースポーツ活動60年の軌跡を辿る

ブリヂストンは2023年1月6日、幕張メッセ(千葉県千葉市)で1月13日(金)から15日(日)までの3日間にわたり開催される「東京オートサロン 2023」の出展概要を発表した。今回の東京オートサロンでは、「10年後、20年後にも『走るわくわく』を提供しつづける」というブリヂストンの想いを、モータースポーツ活動60周年と連動させ、プレミアムブランドのタイヤや「ポテンザ」が支えてきた車両の展示、トークショーなどのイベントを通じて紹介される。

ブリヂストンは、2023年にモータースポーツ活動開始から60周年の節目を迎える。ブリヂストンが走り続けてきた「サーキットの軌跡」をモチーフにしたブースでは、1963年の第1回日本グランプリへの参画以来、モータースポーツ活動を通じて「走るわくわく」を支えてきた歩みや、接地を極めるなどブリヂストンの技術、さらには将来にわたりサステナブルなモータースポーツを支える取り組みを紹介する。

また、ブース内のステージではトップドライバーなど多くのゲストを招き「走るわくわく」をテーマにモータースポーツの楽しみやタイヤの重要性を伝えるトークショーを開催する予定だ。

■タイヤ&ホイール
・初代ポテンザ・ブランドのタイヤ「ポテンザ RE47」
・1986年に国内タイヤメーカーのタイヤとして、初めてポルシェに新車装着された「ポテンザ RE71」
・革新的なタイヤ技術「ENLITEN」を搭載したソーラーカー用タイヤ
・NTT インディカー・シリーズ向けのグアユール由来の天然ゴムを使用したレーシングタイヤ
・乗用車用プレミアムタイヤの商品ラインアップ
・スポーツタイヤブランド「ポテンザ」の商品ラインアップ
・スポーツ車両向けプレミアムホイール「ポテンザ」「プロドライブ」

■車両展示
・スーパーGT2022 GT500クラス シリーズチャンピオン車両 「カルソニック IMPUL Z」
・全日本GT選手権2002 GT500クラス シリーズチャンピオン車両 「エッソウルトラフロー スープラ」
・スーパーGT2007 GT500クラス シリーズチャンピオン車両 「ARTA NSX」
・トヨタGRカローラ

■トークイベント
「スーパー GT」「トヨタGAZOOレーシング GR86/BRZ Cup」の参戦ドライバーや監督などのゲストを招き、ブリヂストンのモータースポーツ活動の60年間の歴史や将来を語り合うトークショーを実施。トークショーの詳細は下記のWEBサイトでで公開予定。
トークショー詳細サイト:https://ms.bridgestone.co.jp/

その他に、「10年後、20年後にも『走るわくわく』を提供しつづける」というブリヂストンの想いを表現した「Tomorrow Road」コーナー(レーサーや監督からのメッセージを展示)、ポテンザ・オリジナル・グッズの販売も行なわれる。

ブリヂストン 関連記事
ブリヂストン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る