ブリヂストン NASAの月面探査車プログラム向けのタイヤを開発へ

ブリヂストンは2022年9月18日、テレダイン・ブラウン・エンジニアリング社が主導する有人月面探査車の開発チームに参画すると発表した。この開発プロジェクトは、NASAの有人月面探査車(Lunar Terrain Vehicle:LTV」)として使用されることが想定されている。

新たな領域に挑戦するNASAの宇宙開発ミッションには、月面の未踏の地で行動する有人自動運転が必要とされている。LTVには、月面の激しい温度変化など過酷な環境下で、長期に渡って宇宙飛行士の移動と探索を支えることが求められる。

この要求に応えるため、テレダイン社は、それぞれの業界をリードする北米日産、シエラ・スペース、テクストロン、そしてタイヤ・ゴム業界のリーディングカンパニーのブリヂストンを加えて、開発チームを結成し、ブリヂストンは、NASAの月面探査車プログラム向けのタイヤ開発を担うことになる。

なおブリヂストンは、2019年に有人月面探査車での使用を想定したタイヤの研究開発をスタートさせている。岩や砂に覆われ、激しい温度変化や放射線にさらされる過酷な月面の環境においても、長期にわたって安全に機能するタイヤを目指して、金属製のエアレスタイヤのコンセプトモデルの開発・検証を進めているが、いよいよ実際の月面探査車の採用に向けて開発が推進されることになる。

テレダイン ブラウン エンジニアリング:https://www.tbe.com/en-us

ブリヂストン 関連記事
ブリヂストン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る