ブリヂストン マイクロソフトと協業でプレミアムタイヤ事業とソリューション事業の強化へ

ブリヂストン・グループは2022年8月9日、マイクロソフト社と、マイクロソフト アズール(クラウド・システム)を活用し、プレミアムタイヤ事業とソリューション事業の強化・拡充を加速するための協業を開始すると発表した。

この協業を通じ、アズールの強固なセキュリティ環境の下でパートナーとタイヤデータ、モビリティデータを活用することでつながり、統合されたモビリティのエコシステムを構築することで新たな価値を作り出すとしている。

アズールは、先進的で信頼性が高く、モビリティ業界との親和性が高いクラウドサービスだ。マイクロソフト社とブリヂストン・グループは、2020年にアズール上のマイクロソフト・コネクテッドビークル・プラットフォームを活用したタイヤモニタリング・システムの提供で最初の協業を開始している。

今回はさら協業を拡大させ、ブリヂストン・グループのリトレッド事業などのタイヤセントリックソリューション事業などへ拡大し、DX(デジタルトランスフォーメーション)によるイノベーションを加速することになる。

マイクロソフト・コネクテッドビークル・プラットフォームを活用した今回の協業の一例として、ユーザーのタイヤ使用状況をリアルタイムでより詳細に把握し、より優れた質・量のタイヤデータを蓄積・独自のアルゴリズムで解析することが可能となる。これにより、より精度が高いタイヤ摩耗・耐久予測を実現し、顧客へのより安全で効率的なタイヤメンテナンスの提案、タイヤのリトレッド回数の拡大へつなげて行く。

また、アズールを活用し、プレミアムタイヤ事業も強化させて行くことになる。データを中心として、グローバルでブリヂストン・グループの連携を深めることで、バリューチェーン全体のオペレーションの効率性・柔軟性を改善するとともに、タイヤデータを活用した付加価値の高いプレミアム商品、サービスを実現するとしている。

さらに、ITオペレーションを進化させることで、ガバナンスやセキュリティを強化しながら、コスト改善、職場における生産性の向上も目指して行くことになる。

ブリヂストン 関連記事
ブリヂストン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る