ブリヂストンが自動運転ソフトウェアを開発するティアフォー社に出資

ブリヂストンは2022年7月19日、世界初のオープンソース自動運転ソフトウェア「Autoware」 の開発をリードし、様々なパートナーに自動運転車両の開発、運営に必要となるソリューションを提供する「ティアフォー 」社に出資したと発表した。今後、ブリヂストンはティアフォーとの協業を通じて自動運転技術の確立と展開に貢献して行くとしている。

日本を拠点とするスタートアップであるティアフォー社が開発をリードする「Autoware」は、自動運転を設計する上で必要な全ての機能を備え、安心・安全な自動運転の実装のために、実地走行を世界中の様々な環境下で行なっている。なお、ティアフォーは、2022 年7月19日に NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)から公募された「グリーンイノベーション基金事業」(GI基金)の自動運転ソフトウェアに関する研究開発項目に採択されている。

ブリヂストンはこのパートナーシップにより、自動運転の技術・ノウハウを取り入れたモビリティの安全性や生産性の向上に貢献するタイヤ技術や、次世代のモビリティソリューションなどの開発を加速できると考え、今回の出資を決定している。

また、このコラボレーションでは、今年4月に本格稼働したイノベーション拠点「Bridgestone Innovation Park」(東京都・小平市)を活用してプロジェクトを推進するとしている。特に、テストコースである「B-Mobility」での実車による自動運転の実証実験を通して、生まれたアイディアを「すぐ作る、すぐ試す」を繰り返すアジャイルな研究開発を推進することになる。

ティアフォー 公式サイト

ブリヂストン 関連記事
ブリヂストン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る