ブリヂストンがミシュラン共同の、再生カーボンブラックによるサステナビリティを追求

ブリヂストンとミシュランは、2021年11月22日~23日にオランダ アムステルダムで開催されるSmithers Recovered Carbon Black Conference(スミサーズ・リカヴァード・カーボンブラック・カンファレンス)で、原料のリサイクルに貢献する再生カーボンブラックの利用拡大についての公開討論に参加することが決定した。

消耗製品であるタイヤは、世界で毎年およそ10億本のタイヤがその寿命を終えると推定されており、使用済みタイヤの原材料の再利用や再生技術の研究が進められている。

一方で、よりサステナブルなエコシステムを構築し、タイヤ、ゴム業界全体における材料のリサイクルを実現するためには、現状では様々な障壁がある。特にタイヤの重要な原材料であるカーボンブラックが占める割合は、再生から使用にいたる循環、リサイクルが未確立であるため、世界全体で1%未満に留まっている。

再生カーボンブラックの利用が拡大されることで、タイヤ、ゴム業界ではタイヤの性能を維持したまま石油由来の原材料の使用量を抑制することができ、同時に新品のカーボンブラックを使用した場合に比べ、製造時のCO2排出量を約85%まで削減することができるのだ。

今回の公開討論でブリヂストンとミシュランは、カーボンブラックの再生技術の確立と新品タイヤ生産への利用拡大の展望について講演する。そしてその実現に向けて、タイヤメーカー各社、カーボンブラックのサプライヤー、そして再生資源への還元技術を持つスタートアップ企業など、タイヤ、ゴム業界にかかわる全ての企業や研究機関との連携の必要性を訴える。

今後、共同イニシアチブの一環として、循環型エコノミーの実現に向けたタイヤ、ゴム業界としての取り組み方針の検討を促進して行くとともに、2022年には両社から、再生カーボンブラックの利用拡大に向けた技術要件や課題と対策についての具体的な報告が行なわれることになっている。

ブリヂストン 関連記事
ブリヂストン 公式サイト

ミシュラン 関連記事
日本ミシュラン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る