ブリヂストン 世界初の太陽光発電型EV向けの専用タイヤを開発

ブリヂストングループは2021年4月23日、オランダのLightyear社の太陽光発電型電気自動車「Lightyear One」に、環境性能と運動性能を両立する革新的なタイヤ技術「ENLITEN(エンライトン)」を採用した特別仕様のタイヤ「TURANZA ECO (トランザ エコ)」を開発したと発表しました。

EV専用タイヤ「TURANZA ECO (トランザ エコ)」

「ENLITEN」は、タイヤの大幅な軽量化、転がり抵抗低減を可能にするブリヂストングループの次世代環境対応商品向けの独自技術で、電気自動車のバッテリー寿命の維持、航続距離の最大化、環境負荷低減に貢献するタイヤです。

また、Lightyear(ライトイヤー)社とブリヂストングループの共同開発は、両社の持続可能な社会の実現に向けた取り組みへの共感と、世界最高峰のソーラーカーレース「Bridgestone World Solar Challenge」を通じたこれまでの共創から生まれています。

「Lightyear One」は、車体上部の太陽光パネルで走行中にも充電することで、725kmの航続距離を実現したEVです。太陽光発電機能を備えた長距離走行可能なEVとして、2021年内に世界初の商業化を目指して開発が進められています。

ブリヂストングループの調査では、欧州のドライバーの50%がEVの購入を検討していますが、37%はエネルギー効率と航続距離に不安を抱いていることがわかっており、「Lightyear One」と「TURANZA ECO」はこのような課題へのソリューションの一つとなることが期待されています。

EVマーク

専用タイヤの「TURANZA ECO」は、「Lightyear One」の航続距離の最大化に貢献するために、革新的なタイヤ技術「ENLITEN」を搭載し、ブリヂストンの欧州子会社ブリヂストン ヨーロッパ エヌヴィー エスエーにより開発されました。

タイヤサイズは175/60R19で、装着されるEVの要求性能を満たすことを示すブリヂストン独自の「EVマーク」が刻印されています。また、「ENLITEN」に狭幅・大径形状と高内圧使用が特徴の低燃費タイヤ技術「ologic (オロジック)」を組み合わせることで、さらなる転がり抵抗低減を実現しています。

次世代の革新的なタイヤ技術「ENLITEN」は、「サステナビリティビジネス構想」の実現へ向けた商品戦略強化の中核を担う技術であり、タイヤの大幅な軽量化と、転がり抵抗低減により省資源化や環境負荷低減に貢献するとともに、従来はトレードオフの関係にある運動性能やタイヤライフとの両立を可能としています。

「TURANZA ECO」は、同サイズの普通のタイヤと比べて4本(1台あたり)で約3.6kgの軽量化を実現し、タイヤ開発シミュレーション技術を用いて試作タイヤの本数および開発期間も削減するなど、モノづくり領域でもCO2削減、資源生産性の向上に大きく貢献しています。

ライトイヤー 公式サイト

ブリヂストン 関連記事
ブリヂストン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る