ブリヂストン 2021年モータースポーツ活動計画を発表

ブリヂストンは2021年3月4日、2021年のモータースポーツ活動計画を発表しました。
2021年も引き続き4輪レースでは主に「ポテンザ」ブランドのタイヤが使用されます。一方、アメリカのインディカー・シリーズなどは「ファイアストン」ブランドで展開されます。

国内

スーパーGT選手権は、GT500クラスは9チーム、GT300クラスは5チームにタイヤを供給します。

GT500クラス
GT300クラス

プロドライバーだけでなく、アマチュアドライバーも参加するトヨタGAZOOレーシング86/BRZレースでは、プロフェッショナルシリーズに「ポテンザRE-07D」、アマチュアドライバーが参加するクラブマンシリーズには「ポテンザRE-12D」のタイヤを供給。

トヨタGAZOOレーシング86/BRZレース・プロフェッショナルクラス

海外

アメリカで最高峰のフォーミュラカーレースである「NTTインディカー・シリーズ」では2025年までオフィシャル・タイヤサプライヤーであり、2000年から始まった「ファイアストン」ブランドのタイヤの独占供給は今年で22年目を迎えています。

今シーズンも32台の参戦マシンをサポートしてます。

6月に開催予定の賞金1億6000万円の「インディ自動運転チャレンジ」

また、これ以外に、新しいビジョンのもとで生まれた次世代のモータースポーツもサポートします。世界初の高速自律走行レースである「Indy Autonomous Challenge(IAC:インディ自動運転チャレンジ)」は2021年10月にアメリカのインディアナポリス・モータースピードウェイにて開催予定で、タイヤを提供します。

またオーストラリアで開催される世界有数のソーラーカーレースである「Bridgestone World Solar Challenge(BWSC)」にも2030年まで継続してタイヤを提供します。

ブリヂストン 関連記事
ブリヂストンタイヤ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る