ブリヂストン 快適性重視のSUV専用タイヤ「アレンザLX100」を2月から発売

ブリヂストンは2021年1月19日、快適性を追求したSUV専用タイヤ「ALENZA(アレンザ) LX100」を2月1日から発売すると発表しました。発売サイズは39サイズで、メーカー希望小売価格が設定されています。

国内のSUV市場は依然として拡大傾向にあり、特にセダンやミニバンの代替車両として街乗りなど普段の生活の一部として使用されるオンロード重視のSUV車両が増加している傾向があります。そうした背景から、オンロード領域のプレミアムSUVタイヤブランド「アレンザ」に、より静粛性や快適性を重視したオンロードコンフォート「アレンザLX100」を新規投入することになりました。

従来のオンロードスポーツ「アレンザ001」とともラインナップすることで、オンロードで使用するSUV車両用としての選択肢を拡大することになります。

新商品の「アレンザLX100」は、サイレントテクノロジーを採用し、従来品(デュラーH/L850)比で騒音エネルギーを22%低減。また通常、タイヤの摩耗度に比例して大きくなるノイズにも着目し、60%摩耗時で従来品比での騒音エネルギーを9%低減させています。

さらにSUVに特化したトレッド部チューニングやSUV専用構造を採用することで、従来品比で摩耗ライフを5%向上させ、ふらつきや乗り心地といった操安性能にも配慮しています。

発売サイズは195/80R15から285/40R22まで合計39サイズで、税込み価格は2万240円/本から10万100円/本となっています。

ブリヂストン 関連記事
ブリヂストンタイヤ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る