住友ゴム タイヤ開発の匠が持つノウハウをAI化

住友ゴムと、日本電気(NEC)は2022年11月15日、2社が協業してタイヤ開発における匠(熟練設計者)のノウハウのAI化に成功したと発表した。

タイヤの開発では、テストドライバーが実際に走行して官能評価を行なうが、その評価の解釈は熟練の設計者とテストドライバーのコミュニケーションにより成り立っており、これまでは体系化が非常に困難な領域とされてきた。

今回、住友ゴムの熟練設計者とNECのデータサイエンティストが共同で、官能評価の解釈に関するコミュニケーションを、AIが学習できるデータに体系化することで、官能評価の解釈、改良案考案のAI化が実現したのだ。また、これまではOJT(経験者からの伝承)による属人的な伝承が中心だった匠の思考プロセスを見える化し、経験が浅い設計者への改良案考案過程やノウハウなどの技能伝承も可能になる。今後、このAIの活用により若手設計者をより高度な技術開発に集中させて行くこともできるわけだ。

近年、製造業では生産年齢人口の減少による人手不足や、熟練技術者・設計者の高齢化が進み、技術・経験・ノウハウを次世代に伝承するとともにデジタル技術を活用し、これらを見える化することが急務となっている。そこで、住友ゴムでは、設計や材料開発などのタイヤ開発の様々な業務でAI活用の取り組みを進めている。

これまでのタイヤ開発における官能評価では、究極の完成度を求めてテストドライバーの定性的な評価に擬音が使われることがよくあり、同じ現象でもドライバーによって表現が異なることがあった。また、官能評価の解読には経験・ノウハウが必要で、評価結果から改良案を導くノウハウが熟練設計者に集中していた。

これらのブレークスルーとして、NECのデータサイエンティストは熟練設計者と共同でテストドライバーの定性評価を項目化し、評価を読み解く経験・ノウハウを体系化したAIの学習データへ加工した。さらに、熟練設計者は過去に開発したタイヤの官能評価を項目分けした体系化データを作成し、結果に紐づく改良案も体系化し、AIの活用が可能になった。

今後、住友ゴムとNECは、AIによって答えを出すだけではなく、匠の思考プロセスを見える化することで、若手設計者の理解を深め真の技能伝承を目指すために、グラフAI(グラフベース関係性学習)を活用することも計画されている。

住友ゴムは、こうした業務改革によって若手設計者の開発効率向上を図るとともに、新しい働き方へのシフトを加速してより高度な技術開発に集中させて行くとしている。

住友ゴム 関連記事
住友ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る