トマト由来の酵素で夢の低燃費タイヤ!住友ゴムがバイオポリマーの合成に成功

住友ゴムは2022年10月13日、東北大学・高橋征司准教授、金沢大学・山下哲准教授、埼玉大学・戸澤譲教授らと共同で、近未来の低燃費タイヤの開発につながるバイオポリマーの合成に成功したと発表した。

この研究グループは、独自に開発した改変トマト由来酵素を触媒とすることで、ポリマー(重合体)の先頭モノマー(単量体)を選択できることを発見した。この発見を基に、今回合成したバイオポリマーにはタイヤ性能向上に有効な先頭モノマーを使用している。今後研究を進めることで2040年代を目標にさらなる低燃費タイヤを開発し、持続可能な社会の発展につなげて行くとしている。

この研究グループはこれまで、鎖長に影響をおよぼす天然ゴム合成酵素の重要部位を特定し、その重要部位をトマト由来酵素に組み込んだ改変トマト由来酵素を用いて、自然界には存在しないバイオポリマーの合成に成功している。

今回は、改変トマト由来酵素の研究を進めたことで、トマト由来酵素が用いる先頭モノマーの選択性が弱くなり、本来の先頭モノマー以外のモノマーでも合成可能であることを発見した。さらに、この特性を利用することで、先頭モノマーを選択した全く新しいバイオポリマーを合成することに成功したのである。

この新たなバイオポリマーを使用することで、転がり抵抗の小さなよりレベルの高い低燃費タイヤの実現が期待できるわけである。

これまでは天然ゴムの栽培、収穫、ゴムのポリマーの改良を行なうのに対し、今回の技術を使用すると、天然ゴムと異なる構造で、天然ゴムと同程度の鎖長を持つバイオポリマーを合成したり、先頭モノマーを選択した新たなバイオポリマーを合成するなど、より優れた物性を持つポリマーの開発が期待できる。

住友ゴム 関連記事
住友ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る