【2011ニュル】 VOL.5 第39回ニュルブルクリンク24時間 レースレポート

森の中の地獄と呼ばれるニュルブルクリンクの北コースと、F1も開催されるグランプリコースを接続した25.378kmのタフで長いコースで戦われる耐久レースに、2011年は25の自動車メーカー、210台の車両、およそ800名のドライバーが参戦した。その国籍はドイツ500人、イギリス40人、スイス36人、イタリア23人など33カ国にわたる。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る