「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」日産「サクラ」三菱「eKクロス EV」が獲得

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は2022年12月8日、60名の選考委員が投票を行なった結果「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を決定した。「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得したのは日産、三菱が共同開発した軽自動車EV「サクラ / eKクロス EV」であった。なお、軽自動車で日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得したのは今回が初となる。

最終投票に先立って投票が行なわれた「10ベストカー」は、今回は第10位の指名投票数が同数だったため、11台の10ベストカーが選出されている。

「10ベストカー」は、スズキ アルト、トヨタ クラウン、日産 エクストレイル/サクラ/フェアレディZ、ホンダ シビックe:HEV・タイプR、マツダ CX-60 e-SKYACTIV D、BMW iX、ヒョンデ IONIQ 5、ランドローバー レンジローバー、ルノー アルカナであった。

この11台の中から各賞ごとに投票が行なわれた。今回は第10位の指名投票数が同数だったため、11台の10ベストカーが選出され、日産車が3台入るという異例の事態になっており、投票点数の割り当ての難易度が上がっていた。

日本カー・オブ・ザ・イヤーのその他の受賞車は以下の通り。

・インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:ヒョンデ IONIQ 5

・デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:BMW iX

・テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:日産 エクストレイル

・パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー:ホンダ シビック e:HEV/タイプR

・K CAR オブ・ザ・イヤー:サクラ/eKクロス EV

日本カー・オブ・ザ・イヤー 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る