【フォーミュラE シーズン9】ドライバーたちが感じたGen3マシンのリアルな乗り味は?

ABB FIAフォーミュラE世界選手権は、世界最速、最軽量、最もパワフルで高効率な電気自動車レースカーで、新レースカーGen3(第3世代)のプレシーズンテストがスペイン、バレンシアで2022年12月16日(金)終了した。

11チーム22名のドライバーがGen3マシンをテスト走行を行ない、シーズン9の開幕戦である1月14日のハンコックメキシコシティE-Prixでデビューする。バレンシアでの5日間のテストを通じて、ドライバーは合計5,128周を走行。

リカルド・トルモ・サーキットでのテスト最終日、上位5人のドライバーはいずれも、これまでGen2マシンが記録したベストタイムより0.5秒速いタイムをマーク。マセラティMSGレーシングのマキシミリアン・ギュンターは、フォーミュラEテストのラップレコードである1分25秒127を記録した。

テスト走行でラップレコードを記録したマセラティMSGレーシングのマキシミリアン・ギュンター

小型軽量化されたシャシー、リアの350kWモーターに250kWのモーターを追加したフロントのパワートレインなど、多くの技術開発が行なわれたGen3は、最高速度322km/hを達成する。

ドライバーたちは、Gen3のステアリングを握ったときのファーストインプレッションを次のように語っている。

【タグ・ホイヤー ポルシェ】アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ

「新しいマシンを知ることは、とても楽しいプロセスでした。パワーは大幅に向上し、重量も軽くなっています。ドライバーとしては、パワーアップと軽量化という2つのことが常に楽しみなのです。フロント・パワートレインも搭載し、レースで使われる全エネルギーの40%が回生エネルギーになるという、非常に効率的なクルマになり、技術的にも大きな進歩だし、楽しい」

「まだ日が浅いので、ゆっくりとクルマを使いこなしているところです。メキシコのレースまで間もなくというのに、まだ多くのことを学び、開発しなければならないが、それもプロセスの一部であり、楽しいことだ。以前よりもパワーアップしているし、今のところ、あるコンディションではそれを使いこなすのは難しいが、見ている人にとってはいいことだ。ドライバーのミスも増えるだろうし、このマシンで優位に立つのは難しくなるだろう」

【タグ・ホイヤー ポルシェ】アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ

【マセラティMSGレーシング】エドアルド・モルターラ

「レース中のターゲットやターゲットラップでは、より大きな違いが見られるだろう。なぜなら、マシンの効率が大幅に向上しているからだ。私たちは2022年、Gen2マシンの性能を最大限に引き出すソフトウェアを開発し、そのマシンとパワートレインに何年も取り組んできました。私たちは学ぶべきことがたくさんあり、まだまだこれからです」

【マセラティMSGレーシング】マキシミリアン・ギュンター

「Gen3では、フロント・アクスルにリジェネレーターが搭載され、フロントとリアの出力合計が600kWになったことで、さまざまなチャレンジが可能になった。ブレーキングフィールも違うし、エンジニアと一緒にソフトウェア側でコントロールできる変数も増えて、その可能性はとてもエキサイティングだ」

「パワーもGen2の250kWから100kWアップしていますし、タイヤも従来とは違う特性のものを使っているので、ストリートでも速く走れるはずです。そして、タイヤも以前とは違う特性になっています。全体としては、とてもアグレッシブなマシンに仕上がっています。今のところ、このマシンの経験を楽しんでいる」

マセラティ初の電動レーシングカー「マセラティ・ティーポ・フォルゴーレ Gen3」

【NEOMマクラーレン】ルネ・ラスト

「まだ誰も限界を探っていないし、シーズン中に多くのラップタイムがある。1年か2年経てば、もっと速くなるはずです。Gen3は明らかにパワーがあり、軽くてコーナーも軽快に走れる。特に350kWのフルパワーラップでは、クルマそのものがとても速かった」

【マヒンドラ・レーシング】オリバー・ローランド

「2つのペダルとステアリング・ホイール、そして多くの変化がある。技術的な面では、フロントのパワートレインがエネルギーを回生するようになり、リアにブレーキがなくなりましたが、明らかに回生する能力が高くなりました。クルマもかなり軽くなっていて、ドライバーとしては適応しなければならないことがたくさんある。ほとんどすべてが新しくなっているんだ。だから、今はまだ細かいディテールをどう引き出すか100%ではないし、シーズン中にほかのチームやドライバーがどう追いついてくるか楽しみだ」

【マヒンドラ・レーシング】オリバー・ローランド

開幕戦は2023年1月15日(日)メキシコ・シティで開催される。日本からは日産がワークス体制で参戦しており、活躍に期待したい。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る