【フォーミュラE】第1戦サウジアラビア・ディルイーヤ メルセデス-EQのデ・フリースが最初の勝利を勝ち取る

世界チャンピオンのニック・デ・フリースは、ディルイーヤのユネスコ世界遺産でシーズン最初のレースに勝利した。

開幕戦はディフェンディングチャンピオンのニック・デ・フリースが勝った
昨年と同様ナイトレースで開幕したフォーミュラEシーズン8

デ・フリースは、ライバルがアタックモードのアクティベーションラインを逃したときに、チームメイトのストフェルバンドーンのスリップを利用した。それ以降、3位のアバランチアンドレッティのジェイク・デニスから8秒の差をつけて勝利した。

ジャガーTCSレーシングのサム・バードはラインを外し、TAGホイヤーポルシェフォーミュラEのアンドレ・ロッテラーは序盤(特にデニスとの激しい決闘で)力強く競っていたが、使用可能なエネルギーが限界に達したため、最終的に暫定表彰台の位置から滑り落ちてしまった。

ルーカス・ディ・グラッシは、チームメイトのエドアルド・モルタラとニック・キャシディに先んじて、ROKiTベンチュリーレーシングのデビュー戦で5位でフィニッシュをした。

DSテチータのジャン・エリック。ヴェルニューが8位、ジャガーのミッチ・エヴァンスは10位フィニッシュで1ポイントを獲得した。

予選はメルセデス-EQのストフェル・ヴァンドーンがポールを獲得

さて、フォーミュラEの新しいノックアウト予選フォーマットでは、ストフェルバンドーンが最速で、ポールポジションを獲得。セミファイナルでチームメイトのニック・デ・フリースを破った後、ヴァンドーンは決闘でアバランチ・アンドレッティのジェイク・デニスをパスし、ポールポジションを獲得した。

開幕戦はメルセデス-EQのワンツーフィニッシュ

メルセデスEQフォーミュラEチームのニック・デ・ブリーズ#17は、次のようにコメントしている。

「コンディションは非常に滑りやすく、昨年とは大きく異なります。常にトラックの進化が多いのですが、予選結果にはとても満足していて、速さのある強力なレースカーであることがわかりました。ペースが速く、チームは素晴らしい仕事をしてくれて幸運でした。最初のレースに勝つことができ、シーズンを力強くスタートできたことにとても満足している」と語った。

メルセデスEQフォーミュラEチーム#5のストフェルバンドーンは、

「今日のクルマは本当に強いペースでしたが、2回目のアタックモードのアクティベーションでループを逃してポジションをニックに渡してしまいました。我々はお互いにプッシュし、他のチームから離れてクルージングし、ワンツーフィニッシュしました。チームに素晴らしい結果をもたらすことができました。最初の新しい予選形式でポールを獲得し、決勝で2位フィニッシュできたのは良いことであり、明日もまたチャンスがあります。フォーミュラEでは安心することはできません。チャンピオンシップはとても近いので、少しのパフォーマンスをあきらめた瞬間に、他の人誰かがすぐ顔を出します。明日勝つために全力を尽くします」

終始速さを見せるも3位フィニッシュとなったジェイク・デニス

3位フィニッシュのジェイク・デニス、アバランチ・アンドレッティ#27は、次のようにコメントした。

「アンドレ(ロッテラー)がアンダーカットしてレースを台無しにしましたが、今日はとても表彰台が欲しかったので、チームとしてそれに徹しました。ミスを学び、それを正し、追い越しを行い、そしてメルセデスを閉鎖しようとしたが、結局は少し速すぎた」と。

左からストフェル・ヴァンドーン、ニック・デ・フリース、ジェイク・デニス

The Mortor Weekly

ページのトップに戻る