フォーミュラEシーズン7 開幕戦はメルセデス-EQの2年目ニック・デ・フリースが制す

フォーミュラEのシーズン7が予定通り開幕した。COVID-19の影響を受けながらも、予定通りの2021年2月26日、サウジアラビア・ディルイヤーで開催。そしてフォーミュラE初のナイトレースが行なわれた。

サウジアラビア・ディルイヤーで初のナイトレースとしてシーズンを開幕した

LED照明を使ったコースは、コース上だけを照らし従来のナイトレースとは大きく印象が変わった。LEDの点滅速度を利用し、コースレイアウトを闇夜にくっきりと浮かび上がらせる演出やコースを高速の光がトレースしていく様は、新しい次世代のレースであることを強く印象付ける演出だった。そして従来の照明と比較し50%もの電力消費を抑えることができているということだ。
エントリーリスト
https://www.fiaformulae.com/en/championship/teams-and-drivers

さて今季のレースでは各チームが新型のパワートレーンを投入してきている。バッテリーこそ共通化されているが、モーター、インバターは競争領域でありしのぎを削ることになる。現状では自動車メーカーのワークスチームが参戦しており、電動化技術の競争という側面をのぞかせているというわけだ。

そうした中、日産、ドラゴン・ペンスキー、DSテチータは先シーズンのパワーユニットのままで、第3戦から新型を投入するという。DSテチータはシーズン4、5、6のシリーズチャンピオンチームであり、4連覇がかかるシーズンだが、果たしてアップデート前のパワートレーンでどこまで通用するのか注目だ。

予選

予選結果ではポールポジションをメルセデス・ベンツのデ・フリースが獲得。シーズン6からの参戦するデフリースは期待の26歳、トヨタのル・マンマシンのサブドライバーも努めた経験のあるドライバーだ。

Nyck de Vries (NLD) Mercedes Benz EQ, celebrates after securing pole

そしてセカンドポジションがポルシェに移籍したヴェアライン、3位が今季初参戦のアウディスポーツからのエントリー、レネ・ラストだ。ドイツ人のベテラン34歳で、ル・マンではアウディのワークスR18 e-tronを走らせている。フォーミュラEでは2016年にダ・コスタの代役でチーム・アグリからデビューした経緯があるドライバーだ。

4位はヴェンチューリのモルタラ、5位がマヒンドラへ移籍したアレックス・リン。6位はジャガーのミッチ・エバンスというラインアップで、日産のブエミが17位、ローランドが10位。またDSテチータのチャンピオンチームもダ・コスタが18位、ヴェルニューが19位、そしてドラゴン・ペンスキーのニコ・ミュラーが23位、セルジオ・セッテ・カマラが20位といずれもパワートレーンをスライドしたチームは低迷した。

決勝

レースはクリーンにスタートが切られ、シケインとなる1コーナーへの突入も混乱なくスタート。そして序盤はクリーンな展開が続き、トップはメルセデスのデ・フリース、2位アウディのラスト、3位ポルシェ・ヴェアライン、4位マヒンドラ・モルタラ、5位ジャガーのエバンス、そして今季ジャガーへ移籍したサム・バードと続いた。

Nyck de Vries (NLD) Mercedes Benz EQ, EQ Silver Arrow 02, leads Pascal Wehrlein (DEU) Tag Heuer Porsche, Porsche 99X Electric

例年どおりフォーミュラEのレースは、コース幅も狭く、抜きどころが少ないレイアウトでアクティベートゾーンで出力アップしても簡単には抜きされない展開が続いていく。そうしたこともあり、日産、DSテチータともに上位には進出できない展開となった。

レース中盤ジャガーのサム・バードがマヒンドラのリンのイン側を奪うが、リンがかぶせるようにインに寄って2台は接触。結局、この2台はマシン破損でリタイヤとなり、コース上はSCが入る。SC明けの残り14分すぎの順位はトップ、デ・フリースは変わらず、2位にアウディのラスト、3位ヴェンチューリモルタラ、ジャガーエバンスまでが接近し、少し離れてポルシェのヴェアラインという展開になった。

Nyck de Vries (NLD) Mercedes Benz EQ, 1st position, celebrates on the podium with his trophy

残り5分となったところで、デ・フリースはトップ快走を続け、ラスト、モルタラ、エバンスで激しい2位争いとなった。またSCの関係もあり、アクティベートゾーンを2回使い切るレギュレーションもからみ、パワーアップしたマシン同士で2位争いが繰り広げられた。

レースはデ・フリースが予選も含め、一度もトップの座を明け渡すことなく完全優勝を果たした。激しかった2位争いはヴェンチューリのモルタラが抜き出て、3位にジャガーのエバンス、4位アウディのラスト、5位ポルシェのヴェアライン、6位に日産ローランドが入る活躍を見せた。

レース結果


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る