フォーミュラE シーズン6再開 8月ドイツベルリンで9日間のレースフェスティバル

新型コロナウイルスの影響でレースが中断していたフォーミュラEのシーズン6が再開。
新しい改訂版カレンダーが発表された。レースは11戦に減り、9日間のレースフェスティバルがドイツ ベルリンで開催され、そのフェスティバルでチャンピオンが決まるエキサイティングなウイークを演出してきた。

Rd6&7:8月5日(水)、6日(木)ドイツ ベルリン 
Rd8&9:8月8日(土)、9日(日)ドイツ ベルリン
Rd10&11:8月12日(水)、13日(木)ドイツ ベルリン

BERLIN GERMANY – Tempelhof Airport on May 25, 2019

レースラウンドの各ペアは異なるトラック構成となり、チームは異なる戦略が要求されるレースになる。こうしたアイディアによりフォーミュラEの予測不可能でエキサイティングなレースは同じ都市で開催されてもスポイルされることはないわけだ。

当初のカレンダーでは14戦予定され、7月にアメリカ ニューヨーク、イギリス ロンドン2連戦で最終戦となっていたが、予定より3レース減り季節も1ヶ月遅れて終盤を迎えるカレンダーになった。

シーズン6では、COVID-19の影響で中断される前までに5レースを消化しており、ポイントリーダーは、DSテチータのアントニオ フェリックス ダ コスタ。しかし2位のパナソニックジャガーレーシングのミッチ エバンスとはわずか11ポイント差だった。

ダ コスタはフォーミュラEのタイトルを目指しており、チームメイトで2度のシリーズチャンピオンに輝くジャン=エリック ヴェルニューととともに残りのシリーズをリードするだろう。

そしてフォーミュラEの最高経営責任者であるジェイミーライグル氏は、次のように述べている。

「3月にシーズンを一旦中断するための措置を講じて以来、私たちはコミュニティの健康と安全を最優先にした改訂版のカレンダーを検討しました。これまでに見てきたレースの魅力的なシーズンにエキサイティングな結論を提供します」

「私たちは、チーム、ドライバー、ファンが愛するベルリン テンペルホフに向かい、3つの背中合わせのダブルヘッダーで9日間のレースフェスティバルを開催します」

「このフェスティバルは3つのトラックレイアウトを特徴とし、新たな挑戦を提示して、私たちのシーズンは予測不能でドラマに満ちたクライマックスの条件を作り出します」

「フォーミュラEのチームは、ここ数週間、ベルリンで再びレースをすることができるように、信じられないほど懸命に努力してきました。FIA、メーカー、チーム、パートナーの継続的なサポートに感謝します。彼らの協力と柔軟性、そして私たちのファンの忍耐力の賜物です」

フォーミュラEとFIAは、チームや地方自治体と緊密に協議して、安全な方法でチャンピオンシップを締結するための強力な計画を定義している。リスクを軽減するために、フォーミュラEは、重要なスタッフと競技者だけがイベントに移動し、密室での作業にはレースを含む厳格な安全対策を実施するとしている。

そしてドイツ政府のガイドラインに従って、現地のサプライヤーと医療スタッフを含め、フォーミュラEチームごとに20名のスタッフが加わり、常時最大1,000人のスタッフが現場にいることになる。そして他のすべての操作は、リモートで実行されるということだ。

健康と安全に関する主要なプロトコルには、レース前に必須のコロナウイルステスト、およびトラックに到着したときの毎日の現場でのスクリーニングが含まれ、フェイスマスクの使用を積極的に実施し、ソーシャルディスタンスを縮め、ワークスペース全体の動きをさまざまなイベントに対して明確に定義されたゾーンで制限するとしている。

トラックの構成とレースの開始時間は、デジタルプラットフォーム全体でまもなく明らかにされるということだ。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る