ハンドル手放しは65秒まで 国交省が国際基準の採用を決定

雑誌に載らない話vol205
2017年10月10日、国交省は「自動車の自動操舵機能のうち、ハンドルを握った状態での車線維持支援機能、補正操舵機能、自動駐車機能に関する国際基準が、国連欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラム(WP29)において策定されたことを踏まえ、我が国においてもこの基準を導入します」と告示した。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る