新型コロナウイルスと米中貿易戦争による各社の生産台数への影響

2018年秋頃から、今後アメリカ市場の需要はピークアウトし減速に向かうという予想と、中国市場も先行きの見通しが不透明というのが定説しとなり、定着している。結果的にアメリカ市場は陰りを見せつつもSUV/ピックアップ・トラックが好調で、一方セダンは著しく縮小。中国市場はトランプ政権が仕掛けた米中貿易戦争が予想以上に深刻化し、自動車販売が減速するなど2019年はグローバルで見て厳しいマーケット環境となった。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る