アバルト124スパイダー試乗 アバルトのDNAを引き継ぐエモーショナルなドライブフィール<レポート:佐藤久実/Kumi Sato>

マニアック評価vol464

_I8Q3995
アバルト124スパイダーをモータージャーナリストの佐藤久実さんが、クローズドエリアで限界テスト

アバルトファン、あるいはラリーファンなら、1970年代にアバルト131がラリーで活躍していたのをご存知だろう。そして、さらに遡る60年代には「124スパイダー」が登場しており、そのオマージュとして現代に蘇ったモデルが、2シーターオープンカー「124スパイダー」だ。アバルトブランドからFRのスポーツモデルがリリースされるのは、実にこの時代以来、数十年ぶりとなる。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る