【マツダ】アクセラ試乗記 プリウスとは明らかに違うパワーフィールのハイブリッド レポート:髙橋 明

マニアック評価vol229

IMG_9258
クローズドコースのディーゼルを含み、すべてのエンジンバリエーションを試乗した

新型マツダ・アクセラには4つのパワートレーンと、2つのボディタイプが用意されている。排気量1.5Lの自然吸気エンジンに6MT/6AT搭載車、2.0Lの6速AT、トヨタ・プリウスのハイブリットユニットを供与され、スカイG2.0L専用エンジンと組み合わせたマツダ初のハイブリッドモデル、そして2.2Lのディーゼルターボに6MT/6ATというトップグレードがある。また、4WDは1.5Lモデルだけに設定され、ボディタイプではスポーツ(5ドアハッチバック)とセダンがあり、ハイリッドはセダン専用となっている。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る