トヨタ「ヤリス クロス」一部改良「GRスポーツ」「Z“Adventure”」を追加

トヨタは2022年7月19日、コンパクト・クロスオーバーのヤリス クロスを一部改良するとともに、新グレードの「GRスポーツ」、「Z“Adventure”」を追加設定し、8月8日から発売すると発表した。

ヤリス クロス GRスポーツ

今回の一部改良では、全グレードにドライブレコーダー付自動防眩インナーミラーをオプション設定。またZグレードのインテリアカラーにブラックを新設定している。

GRスポーツ

ヤリス クロス GRスポーツは、モータースポーツを起点としたクルマづくりのコンセプトのに従い、ボディ剛性の強化や足回りのチューニング、パワートレーンの改良(ハイブリッドのみ)により走行性能の向上を実現している。

そのため、GRスポーツはフロア下とロワバックにブレース(補強材)を追加し、操縦安定性の向上とフラットな乗り心地を両立。

専用のサスペンションは、標準モデルより10mmローダウンされており、スポーツタイヤ「ファルケン FK510 SUV」を装着。同時に、ブッシュ、コイルスプリング、ダンパー、電動パワーステアリングを、よりスポーティな特性にチューニングし、軽快な走りとクルマとの一体感のある操縦性を実現している。

ハイブリッド車は、モーターのアクセルペダルに対する過渡特性をチューニングし、加速、減速時のアクセルレスポンスを向上。また、モーター駆動のレスポンスをよりダイレクトにタイヤに伝えるため、ドライブシャフトのねじり剛性を向上させている。

デザイン面では、フロントのフォグベゼル、リヤディフューザーが専用形状となり、ラジエーターグリル(アッパー/ロワ)、リヤバンパーロワカバーには、GRのGをモチーフにしたスポーティなメッシュタイプへ変更。さらに専用18インチアルミホイール(切削光輝/センターオーナメント付)、GRスポーツ専用エンブレムを採用している。

インテリアは、スポーティシートと専用シート表皮(エアヌバック+合成皮革)を装備。また内装のトリムは、グロスを抑えたダークメタリック塗装に統一している。

Z“Adventure”

Z“Adventure”は、前後バンパーが専用デザインとなり、シルバーのルーフレールを装備。

ヤリス クロス Z“Adventure”

インテリアは、専用シート表皮(合成皮革×ツイード調ファブリック)を採用している。

価格

ヤリス クロス:189万6000円〜293万6000円(税込み)
ヤリス クロス GRスポーツ ハイブリッド:275万円(税込み)
ヤリス クロス GRスポーツ ガソリン: 236万7000円(税込み)
ヤリス クロス Z“Adventure”:233万1000円〜293万6000円(税込み)

トヨタ ヤリス 関連記事
トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る