トヨタ スープラの3.0Lをパワーアップ 限定仕様モデルも発売

トヨタは2020年4月28日、スープラを一部改良するとともに、特別仕様車RZ “ホリゾン・ブルー・エディション”を設定し、10月頃に発売すると発表しました。

3.0Lエンジンをパワーアップ

今回の一部改良でのパワーアップは、既に下記の関連記事で詳細をおつたえしていますが、概要は、2021年仕様のB52B30型の直列6気筒・直噴ツインスクロール・ターボ、バルブトロニックエンジンを、各気筒当たりシングル排気ポートからツイン・ポートに変更し、それに合わせてデュアル集合型排気マニホールドを採用しました。

さらにピストントップ形状を変更し、圧縮比は11.0から10.2に下げられ、過給圧をやや高め、その結果、出力は340psから387psへと14%アップ。最大トルクは500Nmで変更はありません。

というように、21年仕様のRZに搭載される3.0Lエンジンの出力は、387ps/5800rpm(従来型比+14%)に向上させています。さらに、フロント部にブレースを追加しボディ剛性の強化を図り、同時にサスペンションを再チューニングすることでコーナリング中の安定性を高めたモデルへと改良されました。

関連記事:トヨタ2021年型「GRスープラ」は直6エンジンをパワーアップ https://autoprove.net/toyota/supra/189541/

【エンジンパフォーマンス新旧比較】

◆最高出力:250kW(340PS)/5,000rpm→285kW(387PS)/5,800rpm
◆最大トルク:500Nm/1,600rpm-4,500rpm→500Nm/1,800rpm-5,000rpm
◆重量:1520kg→1530kg
◆0-100km/h加速:4.3秒→4.1秒

ボディ色は、台数限定販売のマットストームグレーメタリックを含む全7色を設定しています。なおRZ(マットストリームグレーメタリック)限定27台については、申し込みを4月28日〜5月24日までの約1ヶ月間、WEB限定で受け付け、抽選のうえ10月頃より販売予定です。

モデル価格

【SZ】
◆エンジン:B48型2.0L・直列4気筒
◆ミッション:8速スポーツAT
◆駆動方式:FR
◆価格:499万9500円(税込)

【SZ-R】
◆エンジン:B48型2.0L・直列4気筒
◆ミッション:8速スポーツAT
◆駆動方式:FR
◆価格:601万3000円

【RZ】
◆エンジン:B58型3.0L・直列6気筒
◆ミッション:8速スポーツAT
◆駆動方式:FR
◆価格:731万3000円(税込)

スープラ試乗記:トヨタGRスープラ 迷う(8速AT/FR)

特別仕様限定車

特別仕様車 RZ“ホリゾンブルー・エディション”はRZをベースに専用のブルーを塗装した特別仕様車で、販売台数は限定100台となっています。新規採用色のボディカラー、ホライズンブルーを特別設定し、マットブラック塗装の19インチ鍛造アルミホイールを特別装備しました。

インテリアは、表皮にアルカンターラとブラックの本革を組みあわせたシートを採用しています。また、シート表皮をはじめ、インストルメントパネルやドアトリム、ステアリングホイールなど、随所にブルーステッチを施しており、ブルーカラーで統一した仕様としなっています。

なおRZ“ホリゾンブルー・エディション”の注文受付は、取扱い販売店で4月28日から開始し、成約順に100台が販売されることになっています。


価格

【特別仕様車 RZ“Horizon blue edition”】
◆エンジン:B58型3.0L・直列6気筒
◆ミッション:8速スポーツAT
◆駆動方式:FR
◆価格:741万3000円(税込)

 

トヨタ スープラ 関連記事
トヨタ 関連記事
トヨタ公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る