トヨタ「シエンタ」を一部改良 特別仕様車も設定

トヨタは2021年6月2日、シエンタを一部改良するとともに、特別仕様車「G“Safety Edition Ⅱ”」、「FUNBASE G“Safety Edition Ⅱ”」を設定し発売しました。

特別仕様車 シエンタ ハイブリッド「G“Safety Edition Ⅱ”」

改良点は、全グレードに新法規に合わせてオートライトを標準装備化したことです。

特別仕様車は、「G“Safety Edition Ⅱ”」は、「G」がベース車、「FUNBASE G“Safety Edition Ⅱ”」は「FUNBASE G」がベース車です。

エクステリアは、ブラック加飾のアウターミラーやホイールキャップ、内装には、ブラックでまとめたインテリアを特別装備。

特別仕様車のインテリア

装備では衝突被害の軽減に寄与するインテリジェント・クリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]と後方の映像を表示し、車庫入れをサポートするバックカメラを含むナビレディパッケージを特別装備しています。

価格

シエンタ:181万8500円~258万円(税込み)
シエンタ 特別仕様車:211万円~251万7000円(税込み)

トヨタ シエンタ 関連記事
トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る