トヨタ「RAV4」一部改良「ゴリゴリ・ブラック塗装」でオフロード感アップ

トヨタは2022年10月4日、SUV「RAV4」を一部改良するとともに、PHV搭載車をZグレードとして設定した。さらにアドベンチャーに特別仕様車 「アドベンチャー“OFFROAD package Ⅱ”」を設定し、発売を開始した。

特別仕様車 アドベンチャー“OFFROAD package Ⅱ”(ハイブリッド)

RAV4のPHEVモデルは、従来は「RAV4 PHV」として設定され、「G」と「BLACK TONE」という2グレード展開となっていたが、今回からはRAV4 Z(新グレード設定)に変更されている。

RAV4 Z(PHV)

また運転支援システム「トヨタ セーフティ センス」は、プリクラッシュセーフティ機能で交差点右折時の対向直進車、および右左折時の対向方向から横断してくる歩行者を検知することができるようになっている。

インテリア装備では、ナノイーXを標準装備し、デジタルインナーミラーに録画機能を採用。そしてコネクティッドナビ対応のディスプレイオーディオを採用。10.5インチの大画面ディスプレイを設定したほか、車内がWi-FiRスポットになる「車内Wi-FiR」をT-Connectサービスの有料オプションとして採用している。

アドベンチャー ハイブリッド(アッシュグレーメタリック×グレイッシュブルー)

その他に、アドベンチャーは、フロントバンパー、ドアミラーなどに、凸凹があり艶を抑えた質感の「ゴリゴリ・ブラック塗装」を採用し、オフロードイメージを強調。ボディカラーとしては専用のツートーンカラーを2色設定している。

価格

RAV4:293万8000円〜563万3000円(税込み)

アドベンチャー“OFFROAD package Ⅱ”:388万4000円〜450万3000円(税込み)

トヨタ RAV4 関連記事
トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る