トヨタ ランドクルーザーのディーゼルサウンドにしびれた試乗記(V6型3.3Lターボ+10速AT・AWD)

14年ぶりとなるフルモデルチェンジを行なったランドクルーザーに試乗してきた。2021年6月にオンラインでワールドプレミアされ、8月から国内販売も始まったモデル。主に中東での人気が高く、「生きて帰ってくる」というワードがコンセプトにもあるヘビーデューティなランクルだ。

砂漠イメージのサウジアラビアなど中東の富裕層からの人気が高く、市街地を外れればすぐにラフロードとなってしまう環境。さらにガソリンスタンドがどこにでもあるという状況でもないわけで、クルマのトラブルは生死に関わるというわけだ。

そのため、どんな状況でも自力で脱出できる走破力と富裕層を満足させるインテリアやブランド力といったものが強化されているのがJ300型となったランドクルーザーで14年ぶりの新型となった。

試乗車は3.3LのV型6気筒ターボディーゼルエンジン搭載モデルで、グレードはGRスポーツ。今回から新たにGRスポーツがラインアップしたわけだ。GRスポーツは量産モデルでライン生産されるなかで専用パーツを装着したスポーティモデル。競技用ではなくあくまでもスポーティなモデルに位置づけられている。ちなみに競技を前提とした量産モデルは「GR」で、スペシャルな限定モデルが「GRMN」というヒエラルキーになっている。

エクステリアはステーションワゴンタイプとなる本格SUVで、水平感覚を維持しやすいように四角く水平基調なデザインが多く取り込まれている。ベースとなるプラットフォームは伝統のラダーフレームを進化させ、TNGA-Fを採用。

ボディサイズは全長4965mmで、7人乗りは4985mmとなっている。全幅は1980mmでGRスポーツのみ1990mm。全高1925mm、ホイールベース2850mmだ。ほぼ2mの幅と全長も5m近い大型SUVで威圧感や存在感は強い。中東の荒野で遠くから見てランクルだと分かることも重要であり、こうしたボディサイズ、デザインが取り入れられている。もちろん東京で乗れば、対向車が道を譲ってくれる光景は容易に経験するサイズだ。

インテリアはGRスポーツとして赤レザーをセンスよく使ったシートや、操作系スイッチなどの形を細かくデザインするなど、高級車としての主張がはっきりとある。

ドライビングポジションはいわずもがなコマンドポジションで、見下ろし感もあり制服欲を満たす高さがある。

走行フィールではラフロードを、あるいはオフロードを走行することを想定しているため、鷹揚なレスポンスが大事になる。特にステアリングは微小舵で反応してしまうと、路面インフォメーションが伝わりすぎて運転しにくくなる。ある程度路面情報をスルーするくらいの鈍感さを持たせないと悪路は走破できない。そうした積み重ねた知見は存分に取り込まれているため、ランクルの本質をステアリングレスポンスから感じ取ることができる。

そしてサスペンションでも同様であり、ゆったりと動く必要がある。このGRスポーツには4輪のショックアブソーバーのAVSが標準装備される。これは独立して減衰を制御できるアダプティブ・バリアブル・サスペンションの略で、レクサスなどの高級車に多く採用されているショックアブソーバーだ。

さらにGRスポーツにはE-KDSSが装備されている。電気的なキネティック・ダイナミック・サスペンション・システムのことで運動エネルギーを電気的に制御するという意味だ。これは前後のスタビライザーを制御するシステムで、悪路でのスタビは無効化する、舗装路では積極的に使うといったスタビを可変できるものだ。生きて帰ってくる、ということに繋がる装備のひとつと言えるだろう。

パワートレーンでは3.5LのV6ガソリンターボもラインアップしているが、今回は3.3LのV6ディーゼルターボを試乗。驚いたことにエンジン音がディーゼルの概念を覆すサウンドとパワーだった。通常のツーリング走行では非常に静かで乗り心地もゆったりとして、高級感たっぷりの印象なのだが、アクセルを床まで踏み込むと背中を蹴飛ばされたような加速と同時に心地よいエンジンサウンドがなり響くのだ。

309ps/700Nmの出力は凄まじく2.5トンを超える車重をいとも簡単に走らせる。そしてV8のランブル音にも似た低音のゴロゴロ音が心地よい。まさにスポーティなサウンドなのだ。このところのICEの進化が激しいが、ディーゼルのサウンドにしびれるとは思わなかった。<レポート:髙橋明/Akira Takahashi>

価格

ランドクルーザー:510万円~800万円(税込み)

今回の記事は、 FMヨコハマの番組「THE MOTOR WEEKLY」でもピックアップ。
radikoでも 11月6日まで お聴きいただけます。
https://radiko.jp/share/?sid=YFM&t=20211030200000


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る