トヨタ 水素カローラがオーストラリア産のブルー水素を使用

スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook(シリーズ全6戦)は、2021年9月18日~19日に第5戦が鈴鹿サーキットで開催された。今回もROOKIEレーシングの「カローラH2コンセプト」が出場し、富士24時間レース以来3レース目を迎えている。

今回のテーマは水素を「運ぶ」

レースに先立ち、トヨタと川崎重工業が鈴鹿サーキットで共同記者会見を行なった。今回はカローラH2コンセプトに川崎重工も手がけるオーストラリアの褐炭から生成した水素が使われているからだ。会見にはトヨタの豊田章男社長、GAZOOレーシングカンパニーの佐藤恒治プレジデント、川崎重工の橋本康彦CEOが登壇した。

記者会見に出席した左から豊田社長、橋本CEO、佐藤プレジデント

今回使用される褐炭から生成された水素は、J-POWER(電源開発)がオーストラリアのプラントで製造したカーボンニュートラル化したブルー水素だ。

褐炭を産出・加工する際に排出されるCO2は、CCS(CO2CO2回収・貯留)という国際的にも認められている方法で地下に埋め込まれている。

水素は従来、化石燃料から作る、または製鉄で発生する副生水素が一般的であったが、これらはいずれもCO2を排出する。カーボンニュートラルを目指すためには水を電気分解して発生させるグリーン水素がよく知られているが、製造コストがガソリンの100倍に達するなど高コストであることが実用化では大きな問題のひとつになっている。

一方、安価な化石燃料から水素を生成し、そのときに発生するCO2を分離・回収して地中に格納する製法で生まれた水素はブルー水素と呼ばれ、使用用途のない超低価格の褐炭から水素が生成されるため、低コスト化が期待されているのだ。

今回は褐炭を豊富に産出するオーストラリアでブルー水素を生成し、川崎重工が集約させた世界初の液化水素専用の運搬船で日本に輸送し、使用するという構図になっている。だが、実際にはレース用として液体水素を空輸したという。

そして日本では岩谷産業が協力して鈴鹿サーキットまでバイオ燃料トラック、小型FCトラックなどで輸送し、福島県産の電気分解で生成されたグリーン水素と混合使用されている。

世界初となる川崎重工の液化水素運搬船

なお川崎重工の世界初の液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」は2021年10月から実証実験として就航することになっている。川崎重工は、水素の専用船舶による運搬と同時に、発電用の水素タービン開発などを行なっており、将来的に水素タービンによる発電、あるいは航空機用の水素ジェット・エンジンなどに使用できる技術開発も行なっているのだ。

トヨタとしては、これまでの2レースと同様に、水素の製造や流通に関わる企業に呼びかけ、水素の製造、輸送、そしてレースでの使用という一連のサプライチェーンでミニ水素社会を再現し、水素パワーの可能性をアピールしているというわけだ。

車両の改良

レースに出場するカローラH2コンセプトも、さらなる改良が加えられている。佐藤プレジデントによれば、初戦の富士24時間レースにには、搭載されているGRヤリス用のG16E-GTS型エンジンの出力は、ガソリン仕様のG16E-GTS型に比べ10%ほどパワー、トルクが劣っていたが、今回でガソリン仕様と同等の出力レベルに到達したという。つまり約270ps、370Nmというレベルだ。これは早期着火を抑制し、過給圧をより高めたと推測できる。

またコース内のピットではなくパドックの特設ステーションで行なわれる水素補給は、富士24時間レース時は2台の水素補給車を用意し、2工程で行なう補給には4分30秒~5分を要していたが、2戦目のオートポリスでは1台の水素補給車とし、充填用バルブの流速を上げることで充填時間は約3分に短縮。

そして今回の鈴鹿では、車両の左右2ヶ所に充填口を装備し、2台の補給車から1工程の補給を行ない、補給時間は約2分にまで短縮することができたとしている。このタイムであればガソリン車がピットでガソリンを給油する時間と遜色ないことになる。

左右の補給口から水素の同時補給で時間を短縮

この他に走行中の車両やエンジンデータを送信するテレメトリーシステムもコネクテッド技術を利用して改良されているという。

モリゾー選手(豊田社長)は練習走行では、ST4クラス(自然吸気2.0L車クラス)より少し速くなり、特にストレートでは明らかにST4クラスを上回っていると語っていた。

レース結果

カローラH2コンセプトの予選結果は、全45台中で35番手で、ベストラップタイムは2分27秒510であった。ST4のトップは2分23秒074(総合32番手)で4秒近い差はまだある。

決勝レースでは、カローラH2コンセプトは90周を走行し、レース中のベストラップタイムは2分28秒646であった。

ST4クラストップのGR86は119周を走行し、レース中のベストラップタイムは 2分26秒713であり、予選ほどの差はなかった。

周回数で大きく差がついているのは、超高圧としながらも水素燃料の燃費の悪さと、水素補給のタイムロスが影響していることは明らかだ。

それにしても今回の事前共同記者会見には、従来からの大手新聞メディアに加え、経済産業省の局長、さらには投資ファンド会社なども招聘されており、改めてトヨタの水素エネルギーにかける期待の大きさを実感することができた。

川崎重工 公式サイト

トヨタ カローラ関連記事
トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る