トヨタ 新型「カローラ クロス」をシリーズに追加

トヨタは2021年9月14日、カローラシリーズに新たにクロスオーバーの「カローラ クロス」を追加し、発売を開始しました。なおカローラ クロスは、2020年7月にタイで発表され、タイ、台湾、アメリカ、ブラジル、南アフリカの各工場で生産されているグローバルモデルで、日本、オーストラリア市場が最後発の発売となっています。

ハイブリッド Z(2WD)

新型「カローラ クロス」は、これからのカローラに求められる新しいスタイルを追求したシリーズ初のクロスオーバーSUVです。クロスオーバーSUVとはいえ都市型のモデルで、いわゆるSUVとしての性能は重視されておらず、最低地上高160mm、メインはFFモデルでAWDモデルはハイブリッド車のみにE-Fourを設定しています。

「新空間・新感覚COROLLA」を開発コンセプトに、クロスオーバーらしいたくましさを強調したデザイン、アップライトな乗車姿勢として広い室内空間や高いユーティリティを確保し、さらに低燃費を訴求するモデルです。

パッケージング

ボディサイズは、全長4490mm、全幅1825mm、全高1620mm、ホイールベース2640mmで、グローバルCセグメントサイズとなっており、特に全幅は日本仕様のカローラの1745mmより80mm広くなっています。またホイールベースは同じTNGA-Cを採用しているCH-Rと共通(日本仕様のカローラは2700mm)となっています。

フロントシートは、SUVならではの高い着座姿勢と高いアイポイントとし、細いフロントピラーとスッキリしたインストルメントパネルにより、見切りが良く運転のしやすいパッケージとなっています。

また大きく開くリヤサイドドアで乗り降りがしやすく、リヤシートはリクライニング機能を備えるなど、居住性・快適性を重視し、同カテゴリーのCH-Rとの差別化を図っています。また、パノラマルーフをZ、Sグレードにオプション設定しています。

ラゲッジ容量はクラストップレベルの487Lで、後席を倒すとさらに広いスペースを確保でき、ロードバイクの搭載が可能です。荷物の積み下ろしのしやすさにもこだわり、ラゲージ開口部は地面から720mmの高さに設定し荷物の積み下ろしが容易。またハンズフリーパワーバックドア(Zに標準装備、Sはオプション)はリヤバンパーの下に足を出し入れするだけで、両手がふさがっていても開閉することが可能です。

この他にカローラ クロス専用設計の高機能収納ボックス「ラゲージアクティブボックス」(販売店用品設定)を使用すると、荷物を車外から見えない状態で収納することができるほか、ふたを閉じるとラゲージの床面をフラットにして広い荷室空間を活用できます。

エクステリアとインテリア

カローラ クロスのデザインは、「アーバン・アクティブ」をコンセプトとして、SUVらしいダイナミックさを強調したエクステリアデザインを採用。都会的で、カローラ フィルダーよりも存在感のあるプロポーションとしています。ボディカラーは都会的な雰囲気を持つ全8色を設定しています。

ハイブリッド S(2WD)
ハイブリッド Z(2WD)

なお、海外で販売されているカローラ クロスとはフロント、リヤのバンパー、ライト類のデザインが異なり、日本仕様のデザインとなっています。

タイ仕様のカローラ・クロス

インテリアは、インストルメントパネルからドアトリムにかけて連続性のあるデザインとして室内空間の広差を強調。室内照明は全てLEDを採用するなど、カジュアルさと上質さを訴求しています。フロントシートは、G“X”グレードを除く全車にスリムな背面部と高いホールド性を両立したスポーティなシートを標準装備しています。

ハイブリッドZ
ハイブリッドZの前後シート

パワートレーンとシャシー

パワーユニットは、ガソリンとハイブリッドの2本立てで、ガソリン車は2ZR-FAE型の1.8Lエンジンを搭載。140ps/170Nmを発生してます。トランスミッションはCVTを搭載。

ハイブリッドは1.8Lの2ZR-FXE型アトキンソンサイクル エンジン(98ps/142Nm)とTHS-Ⅱハイブリッドを組み合わせています。モーター出力は72ps/163Nm。なおAWD車用のE-Fourは発進アシスト専用のリヤモーターを搭載し、7.2ps/55Nmを発生します。WLTCモード燃費は、ハイブリッド車(FF)が26.2km/L、ガソリン車は14.4km/L。

シャシーでは、フロント サスペンションはマクファーソンストラット式、リヤ サスペンションは、FF車にCセグメント用として新開発のトーションビーム式を採用。大型ゴムブッシュと合わせることで、凹凸した道でロードホールディングを確保し、しなやかで上質な走りとしています。なおE-Fourにはこれまでのカローラと共通のダブルウィッシュボーン式を採用。最小回転半径はクラス最小レベルの5.2mとしています。

装備

運転支援システムは最新のトヨタセーフティセンス全車標準装備。またパーキングサポートブレーキとバックガイドモニターをG“X”を除く全グレードに標準装備しています。この他に障害物の有無にかかわらずペダル踏み間違い時の急加速を抑制するプラスサポートを設定しています。

ハイブリッド車にはアクセサリーコンセント(AC100V/1500W)と停電時などに電力を供給できる非常時給電モードをオプション設定しています。

新型カローラ クロスは、先行するCH-Rとカテゴリーはダブリますが、CH-Rはクーペ的な要素も取り入れたパーソナルカーで、カローラ クロスはスペースユーティリティを重視したファミリー向けというポジショニングで区別されています。また価格面で競合する他社のB+セグメント、CセグメントのクロスオーバーSUVにアドバンテージを持っている点も特長ということができます。

価格

トヨタ カローラ 関連記事
トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る