【ロサンゼルスショー2018】トヨタ、新フロントマスクの「プリウス」&新型「カローラ セダン・ハイブリッド」出展

2018年11月26日から開幕したロサンゼルス・オートショーで、トヨタはフェイスリフトした北米仕様の2019年型「プリウス」と、2019年春から発売予定の新型「カローラ セダン・ハイブリッド」を出展した。
トヨタ プリウス 2019年型 北米仕様

プリウス 2019年モデル

現行プリウスのデザインはアメリカ市場でもイマイチだったため、前後のデザインを小変更し、フロント・マスク、リヤランプともに水平基調のデザインエレメントを手直ししている。また、北米市場で初のe-AWDも追加設定した。プリウスはZEV規制をパスした環境車ではなくなり、さらにデザイン的にもアメリカ人好みではなかったことが重なり、見込みより販売が振るわなかったためのテコ入れだ。

北米市場にe-AWDモデルも追加投入
北米市場にe-AWDモデルも追加投入


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る