トヨタ、中国・広州ショー「カローラセダン」発表 詳しく説明

トヨタは2018年11月16日に開幕した中国の広州国際モーターショーで、新型カローラ・シリーズのセダン(中国名:「カローラ」と「レビン」)を世界初披露した。中国でベールを脱いだとはいえ、新型セダンは中国地域仕様ということではなく、基本性能を大幅に向上させたTNGA-Cプラットフォームをベースにした、国や地域に適合させたセダン・モデルだ。

レビン ハイブリッド(左)とカローラ・セダン ハイブリッド
レビン ハイブリッド(左)とカローラ・セダン ハイブリッド

アクティブさ、走りを強調したスポーティ仕様(北米、中国「レビン」、日本など)と、Cセグメントのトップエンドモデルらしい上級感を表現したラグジュアリー仕様(中国「カローラ」、ヨーロッパなど)の2タイプをグローバル市場向けに発表している。

グローバル戦略車

この新型カローラ・セダンは2019年春にアメリカ、ヨーロッパで販売を開始し、2019年央以降に中国などで販売され、世界150以上の国・地域で順次発売する。日本はスポーティ仕様のカローラ・スポーツ(ハッチバック)をベースに、日本のユーザー層、道路環境に合わせて最適化した専用仕様のセダン、ワゴンを2019年内に発売する予定としている。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る