トヨタ「カムリ」を一部改良 予防安全の機能を追加

トヨタは2021年2月1日は、ミッドサイズセダンの「カムリ」を一部改良し、デザインを手直しし、安全装備を強化して発売しました。

WS“レザーパッケージ”

主な変更点では、デザイン面ではWS、WS“レザーパッケージ”は、よりスポーティに、G、G“レザーパッケージ”、Xは、よりラグジュアリー感を強調。

フロントバンパー、ヘッドランプおよびリヤコンビネーションランプ加飾、フロントロアグリル、アルミホイールなどのデザインを変更(一部グレードを除く)しました。

インテリアはインストルメントパネルなどの加飾を変更し、標準装備のディスプレイオーディオを8インチから9インチへサイズアップ。

G“レザーパッケージ”

ボディカラーは、新規設定のプレシャスメタルをはじめモノトーン5色、ツートーン2色を設定しています。

予防安全パッケージの「トヨタ セーフティセンス」は、レーントレーシングアシスト、ドライバー異常時対応システムを追加し、レーダークルーズコントロールにはカーブ速度抑制機能を追加。

さらにプリクラッシュセーフティの検知対象には、夜間の歩行者および昼間の自転車運転者を加えるとともに、交差点右折時の対向直進車・右左折時の対向方向から来る歩行者検知機能、緊急時操舵支援機能、低速時加速抑制機能を追加し、最新仕様にアップグレードしています。

価格

トヨタ カムリ:348万5000円~467万2000円(税込み)

トヨタ カムリ 関連記事
トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る